画像: お鮨「東麻布 天本(あまもと)」開店2ヶ月で、すでに予約困難店

お鮨「東麻布 天本(あまもと)」開店2ヶ月で、すでに予約困難店

「東麻布 天本(あまもと)」へhttp://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13196420/大将は青山の名店「海女うみ」から独立された天本正通さん。開店からわずか2カ月すでに予約困難店です。 頂いたおつまみ10品、握り17貫!大将の熱い思いが伝わってくる 特に印象的だったのが「千葉県大原のダイコク鮑」と「東京湾 横浜小柴の穴子」。 大将曰く「お盆で市場が休みだからこそ、江戸前の仕事が活きるんです。」フェイスブックに書いたら反響大きかったので、いただいたもの書いておきますね 1「長崎モズクとモロヘイヤ」2「佐島の蛸」3「毛蟹とキャビア」一瞬ほぐれないほど、毛蟹がぎゅーっ4「佐賀唐津の赤ウニ」甘さと食べ応えある食感。「このウニはつまみがいい」と、大将。5「一番出汁茶碗蒸し、このこ(=くちこ=ナマコの卵巣)乗せ」6「藁で軽めに燻製した気仙沼の鰹の塩たたき」7「ミンク鯨の尾の身」初めて食べた!雑味がなく、生姜や薬味なしでもいただける8「鹿児島紅クエ(スジアラ)」関西でも希少な紅クエ9「積丹半島ボタンエビ」大将曰く「これは握りがいい。つまみの合間ですが一貫だけ握りますね」と。確かに。米つぶと酢のバランスが海老の甘みと合う10「宍道湖の天然うなぎ」骨が無く肉厚。大将は宍道湖産と一番相性いいそう 次から、握り1「玄界灘の鯛」。熟成4日目2「五島の2キロ超えアオリイカ」表面は縦、裏は斜めに切る技、甘みがすごい3「熊本天草の新子、3枚づけ」4「北海道野付の筋子」下から撮っても酢 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.