画像: パン「PAUL」が 南仏「プロヴァンス フェア」を開催中。'トロペジェンヌ'などスイーツ系も

パン「PAUL」が 南仏「プロヴァンス フェア」を開催中。'トロペジェンヌ'などスイーツ系も

大好きなパン「PAUL」へ。8月〜9月末まで全店で「プロヴァンス フェア」を開催中ですhttp://www.pasconet.co.jp/paul/PAULを好きな理由は、何と言っても手作りにこだわったおいしさ。そしてタイミング良く、気分にドンピシャなフェアが開催されるから。きっと相性がいいのかも。うふふ♪というのも、ちょうど3年前、南仏にいました! グルメ誌に連載中の、着物で行く星付きレストラン取材です。ニース1ツ星「KEISUKE MATSUSHIMA」と、モナコの三ツ星「ルイキャーンズ」へ。 で、そのままカンヌ、プロヴァンスへも足を伸ばして巡っており・・・ フランスはパリを中心に、8月は皆夏休み。レストランはほとんど閉まってます。その分、リゾートエリアの南仏は大人気で、世界中からセレブが集まる素敵な街ですさて、ここで予習復習♪プロヴァンスは地図で言うとこのあたり一帯で、プロヴァンス地方のお料理・味の特徴は、にんにくとトマトが有名。そしてフレッシュで豊富なハーブ。オリーブオイルでヘルシーに仕上げた料理が多いのも特徴です。果物はキャヴァイヨンメロン、ベリー類、レモン、オレンジ、桃などがおいしいですで、そんなプロヴァンスを味わいたく、来ちゃいましたPAUL神楽坂店。イートインがゆったりめでお気に入り定番メニューがズラッと並ぶ中、お目当て「プロヴァンス フェア」。8月9月の2ヶ月間にわたり10種前後のメニューがありますお食事系を2種●ピサラディエールフガス生地で、フランスチーズとアンチョビの塩っぱさがおいしい。オリーブ、ローズマリーの香りがいい。豪快に齧るのもいいですが、スライスしてお酒と一緒に食べても良いかと。●サンド・トマト・クルヴェットクルヴェットは「海老」の意味です。プチパンにトマトと海老、ゆで卵がサンド。ラルドン(豚の背脂)とルイユソース(トマト・オリーブオイル・にんにく、赤唐辛子少々)がお味の決め手。パンと具のバランスも良く食べやすいです「プロヴァンスやわぁ・・・♡」トマト、にんにく(後から気にならない程度なのでご安心を)、ハーブが南仏を連想させます。パン生地ともよく合ってました。シュワッ。ベリーの甘みとみずみずしさがいい。夏ドリンクも数種あります思い出画像♪ ニースの朝市です。野菜果物がおいしいし、ディスプレイが楽しくて1日中いても飽きない●クープ・オ・フリュイ(ドリンクセット)こちらはアシェットデセール。つまり”皿盛りデザート”、お持ち帰り不可の品です。イートインがある ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.