画像: 六本木のホテル、グランド ハイアット 東京の鉄板焼「けやき坂」

六本木のホテル、グランド ハイアット 東京の鉄板焼「けやき坂」

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日、接待で、
六本木のホテル、グランド ハイアット 東京内にある
鉄板焼「けやき坂」に行ってまいりました。
こちらは、カウンターに鉄板があり、目の前で厳選された素材を焼いてくださいます。
天井が高めで、落ち着いた雰囲気だから、まさに接待向きです。
現に周りは、海外のお客様もいらしていて満席状態でした。
ローラン・ペリエ ブリュット
アペリティフはもちろん、次のお皿とのマリアージュにも期待できる
バランスの良いシャンパーニュでした。
アミューズ
牛肉のリエットと枝豆のスープでした
トマト
トマトをジューシーに鉄板の上で、焼いてました。
そして、バルサミコ酢、粒マスタード、蜂蜜で味付けしてました。
スズキ
フレンチの蒸し物で使いそうな透明の袋を鉄板で温めるのに使用してました。
トリュフオイルやオニオンドレッシングがかかってました。
風味を閉じ込め、袋を開けた時の香りの広がりが豊かでした。
サンセール・ル・ロショワ・ブラン 2014
フランス・ロワール地方のシュナン・ブラン100%の白ワインです。
お魚や野菜に合うフレッシュな印象でした。
石垣牛
さっきから、鉄板の上に鎮座した白い物体は何だろうと思っていたら、
なんと、塩釜でした!
塩釜の中には昆布を巻いた小浜町の石垣牛ヒレ肉が入ってました。
しかもトリュフまで!
低温で火を通し、柔らかさと芳醇な香りにうっとりしました。
これ、お代わり欲しいです!!!
でももう、予備がなかったです。。(またお金を貯めて、来れば良いさ☆彡)
シャトー フェラン セギュール 2008
黒いベリー系の香りで、お肉をエレガントさにマッチしてました。
トリュフ入りフライドライス
鉄板焼きといえば、ガーリックライス!
ですが、こちらは創作的な〆ご飯もあります。
まずは、ご飯と一緒にエリンギを炒めたものにサマートリュフの香りを引き立たせたものが、
味噌椀と香の物と一緒にお食事として出されました。
けやき坂ドライカレー
鉄板焼きで、色と香りの強いものがでるなんて、驚きです。
お腹いっぱいのはずが、
スパイスの香りで食欲があがりました。
石垣マンゴーとマンゴーアイスクリーム
8月31日までの期間限定新メニューです。
約-200°Cの液体窒素を使い、練乳を加えたマンゴーピューレを目の前でアイスクリームに仕上げてました。
石垣産マンゴーの果肉まで入ってました。
そういえば、ここ、鉄板焼なんですよね。
創作性に富んでいてお皿だけ見るとわかりづらいですが、
実際行ってみると、ライブ感があって、その醍醐味を存分に味わえますよ!
六本木 けやき坂近くの けやき坂 ~姫心の俳句より~
グランド ハイアット 東京の鉄板焼「けやき坂」のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.