画像: レフェルヴェソンス

レフェルヴェソンス

こんにちは。 海の日はいかがおすごしでしょうか?私はまだバンコクですが、午前中はホテルでせっせとお仕事です。 午後はマッサージにいくので楽しみ^^ さて、先日のことになりますが......西麻布の大好きなフレンチレストラン『レフェルヴェソンス』さんにちょっと久しぶりにおじゃしました。 食材の使い方や料理へのアプローチが常に進化しているので何度おじゃましても新たな発見を与えてくれる店舗のひとつです。 エントランスを通り抜けると、凜とした非日常空間が迎えてくれ、日々の慌ただしさから一気に解き放たれます。 さっそくテーブルにつき、まずはお店から一献。日本ならではのウェルカムドリンクで喉をうるおします。その後はシャンパーニュで乾杯を。ユリス・コランの深みあるブラン・ド・ノワールでしっとりと。背筋がのびるような、凛としたエクストラブリュットです。お水はスティルをお願いしましたが......こちら秋田の銘酒『新政』の仕込み水なのだとか。オリジナルボトルがまた素敵☆そしていよいよお料理のスタート。 今回もまた大好きなお料理が組み込まれている「より道」コースをセレクト。ランチだと常にこちらを頼んでしまいます......涼味あふれるアミューズは、シャリシャリしたシャーベットのような食感のガスパチョが印象的。発酵させたセロリや発酵乳の独特の風味が見事に一体化する上り鰹の昆布締めには、「上昇~」という素敵なネーミングが。パンにつけていただくお豆腐とサワークリームそしてオリーブオイルのディップは相変わらずうなるほど美味。そして不朽のスペシャリテ「定点~」が登場。この時期使われる野辺地蕪(のへじかぶ)はジューシー且つ「甘さではじまり辛さで終わる」という緩急が楽しい逸品。 3つのアプローチでいただく鮎の料理は、一皿の中にバランスよく組み込まれた五味と、プリッと艶がある意外な食感が印象的。鮎の旨味が凝縮したコンソメもまた奥深く、心と体に沁みる味わい。 Beau Paysage Kurahara Nuage ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.