画像: 食べて識る金沢「夏の加賀野菜の魅力」クイズに答えて加賀野菜を当てよう!生産者ランチトークショー

食べて識る金沢「夏の加賀野菜の魅力」クイズに答えて加賀野菜を当てよう!生産者ランチトークショー

食べて識る金沢vol4「夏の加賀野菜の魅力」と題して生産者ランチトークショーでした。
金沢市農業振興課主催でナビゲーターをやらせてもらっています。
4回目の今回は、ちょうど先週、
金沢市花園地区の金時草生産者@
JA金沢市花園金時草共販組合 部会長西佐一さんの畑へ事前取材に行けたので話もしやすかったーーー。
5月に熊本の水前寺公園で金時草の先祖の「水前寺菜」の写真を撮ってきたのもお見せできました。
江戸時代の貿易船・北前船にのってやってきた旅する野菜♡です。
金時草の挿し木の「室」なんて、金沢に住んでいる人でもほとんど知らないと思います。
金時草は、生のままちぎって味見していただきましたが、
肉厚な葉、ほんのり酸味があり、なにしろ色が鮮やかで、想像以上に大好評〜♪
鮮やかな赤紫色は西さんのこだわりの成果です。
こちらは酢の物。どぜうのトッピング
加賀太きゅうり編は、
JA金沢市砂丘地集出荷場太きゅうり部会 副部会長 山本弘さん。
安原地区のハウスからこんにちは。
ふつうのキュウリのおよそ5倍です。
東北(福島)からやってきたという太きゅうり。
加賀太きゅうりの天ぷらは、さっくりさっぱりして新食感で盛り上がりました。
ダイニングギャラリー 銀座の金沢さん。
並木料理長、ていねいで素材を活かしたい美しいお料理でした。
加賀つる豆とニシン。下に隠れているのは、へた紫なす。
さやのところにギザギザがあるのが特徴です。
地元金沢では「だら」(あほ)ほどとれるので、だらまめ。
愛知県では千石まめとも。
赤芋茎(あかずいき)
しゃきっとした食感!大好きです。
参加してくださった皆さま、心より感謝申し上げます。
クイズに答えて加賀野菜をもらおう〜!
恒例の加賀野菜クイズもみなさん、本気で盛り上がりましたーー。
生産者の名前当てクイズは思いつきで入れましたが、これから取入れていこうと思います。
誰がつくっているか、思い浮かべながら食べるとありがたみも変わりますものね。
フードアクションニッポンの活動に長年取り組まれ、今は電通総研の西原さんも大正解!
次回は10月です。
金沢港の新鮮魚介!海老特集。
みなさま、どうーーーぞ心づもりをなさってくださいませ〜。
左から、美奈ちゃん、真喜子ちゃん、
なんと、4回連続でご参加いただいている野菜ソムリエで中華料理プロの中川さん!
わたしの右が、関谷亜矢子さん、和美ちゃん、野菜のプロの理江さん。
そしてイノウエさんも、たくさん写真提供ありがとうございました〜。
参加してくれた友達ほんと嬉しかったです。
またみんなに喜んでもらえるおもしろくて楽しくてためになるときめき野菜情報を集めて参ります。
金時草@西さん、加賀太きゅうり@山本さん、
金沢市の松倉農林局長、農業振興課の富川さん、
ありがとうございましたーー^^
土曜日で歩行者天国のキラリト銀座から、新幹線かがやきで、また金沢へお帰りになりました。
山本さんはちょうど親戚の結婚式のため東京見物だそうでーす!ふふふ。うまくいってよかったですね〜。
ありがとう金沢。
思えば13年以上前、石川テレビ時代に、
金沢市の広報番組「みまっし金沢」のリポーターとして
市民向けに金沢の情報をお伝えしていましたが、今こうして金沢市の、しかも加賀野菜の仕事ができるとは、なんてありがたく嬉しいことでしょう。
いつか加賀野菜産地ツアーもやりたいな〜〜。
大好きな金沢市、またかえりまーーーす。
ベジアナ@あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.