画像: <真のナポリピッツァ協会>中国・四国の若きエリアリーダー!

<真のナポリピッツァ協会>中国・四国の若きエリアリーダー!

本日のピックアップフォトは、広島のピッツァリーヴァで食べたブリアンゼッタとコショウ、生クリーム、モッツァレラのピッツァとNDUJA (ンドゥイヤ)とピエンノロトマトのピッツァのメタメタ(ハーフ&ハーフ)です。
ピッツァリーヴァの大岡修平氏は2012年にナポリで開催された「真のナポリピッツァオリンピック」でナポリの強豪を相手に金メダルを獲得した日本を代表するピッツァ職人です。
詳細はこの後の本文でお楽しみください(^_-)-☆
←読む前に左のランキングのClickクリックをお願いします
にほんブログ村
広島出張で必ず訪問するのが、この「Pizza Riva(ピッツァリーヴァ)」です。
前回は今年の4月に「真のナポリピッツァ協会総会」で訪れ、日本中の認定店やナポリの巨匠と一緒にピッツァリーヴァを楽しんできました。
入り口には真のナポリピッツァ協会認定看板が掲げられていて、店内にはナポリの迫力ある薪窯が据えられています。
僕はいつも窯の前の特等席を用意してもらいます(^_-)-☆。
店内にはトロフィーや写真などが飾られているので初めて訪問したらぜひご覧ください。
必ず初めに頼むのはたっぷりのサラダ!!
新鮮な野菜とリコッタサラータをたっぷり使ったサラダは最高に美味しいですよ(^_-)-☆。
更に豚肉をハーブで巻き込んでロースとした「ポルケッタ」を出してくれました。
イタリア版チャーシューのようなポルケッタはメインとしても美味しいですよ(^_-)-☆。
今回のピッツァはまた旨そうなのを作ってくれています。
ブリアンゼッタという素晴らしいハムは、豚の美味しい部位を燻製して巻きこんだもの。
NDUJA (ンドゥイヤ)はカラブリアの名物で、唐辛子と豚ひき肉を混ぜて発酵させたサラミペーストです。
これとパンチェッタを組み合わせてバランスをとったピッツァを作っています。
しっかり形を整えて薪窯に投入します!!
焼きあがったところで、ハイ、ポーズ!!
完成したピッツァがコチラ!
ブリアンゼッタとコショウ、生クリーム、モッツァレラのピッツァとNDUJA (ンドゥイヤ)とパンチェッタに、九州のシルヴィオさんが作っているピエンノロトマトのピッツァとのメタメタ(ハーフ&ハーフ)です。
このブリアンゼッタというハムが絶品!!
美味しい部位を燻製して二層に巻きこんだスペシャルなハムは黒胡椒と生クリーム、モッツァレラチーズとのバランスが最高に美味しかったです(^_-)-☆。
ドルチェは気になっていた4種類を盛り合わせにしてもらいました。
定番のラッテ(牛乳)ジェラートと桃のジェラート、栗のババロア、パスティエッラです。
この中では特にラッテジェラートと栗のババロアがお薦めです(^_-)-☆。
エスプレッソまでしっかりしていて実に満足感の高いディナーでした。
店内は2年前に隣のビルに移転して新たに作ったテラス席と、以前よりも余裕を持たせたテーブル席でゆったりと楽しく食事出来ます。
2012年にナポリで開催された「真のナポリピッツァオリンピック」の優勝トロフィーを持って記念撮影(^^♪。
大岡修平氏は真のナポリピッツァ協会の中国四国地区のエリアリーダーとして、日本の真のナポリピッツァ協会をけん引している若手ピッツァ職人です。
素晴らしいディナーをありがとうございました。
ピッツァリーヴァについては下記のリンクも併せてごらんくださいね~(^_-)-☆
http://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-11822556642.html
★ランキングに参加しています!下のバナーをそれぞれクリックしてもらえると嬉しいです★
にほんブログ村
↑上のバナーをクリックして頂けると順位に反映されるので応援よろしくお願いします!
ピッツァリーヴァ 横川店 (PIZZARIVA)
TEL:082-293-4741
予約可
住所:広島県広島市西区横川町1-7-20
交通手段
駐車場4台
横川一丁目駅から128m
営業時間
[平日・土日祝]
12:00~14:00(L.O)
18:00~22:00(L.O)
ランチ営業、日曜営業
定休日:火曜日(祝日が火曜日の場合は翌日)
予算(ユーザーより)
[夜]¥2,000~¥2,999 [昼]¥2,000~¥2,999
カード:不可
個室:無
完全禁煙
駐車場:有(店横の一通を北上し、右手 横川ガレージ 右側奥 4台)
ホームページ
http://www.pizzariva.com/
オープン日:1997年
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.