画像: 食べあるキングIN京畿道(9)「プラザホテル」のフィットネスクラブ&サウナ・スパ/ソウル

食べあるキングIN京畿道(9)「プラザホテル」のフィットネスクラブ&サウナ・スパ/ソウル

5/14~5/17まで3泊4日で韓国へ。食べあるキングの食材探求企画の一環で、韓国京畿道観光公社✖︎JALパックのタイアップツアーを体験してきました!うち2泊3日は食べあるキングの仲間、はんつ遠藤さん、あまいけいきさん、金成姫ちゃん、小谷あゆみちゃん、西村愛ちゃん、白木の6名で日中は京畿道、朝夜はソウルを満喫。ざっとこんな流れの旅でした。は歩きやすい靴をおすすめします!
DAY1 「故郷山川」 世界遺産「南漢山城」 世界遺産「水原華城」 「佳甫亭」→ ソウル「Le Styles Bar」・プラザホテル泊
DAY2 朝食(プラザホテル)→ 「大長今パーク」 「ソイル農園」「(農園内)松里」 「利川陶磁器祭」→ ソウル「大邱家」・プラザホテル泊
今ココ↓
朝食 サウナ(プラザホテル)→ 「光明洞窟」 「光明市場」→ 食べキンツアー終了・新羅ホテル泊
朝食 サウナ(新羅ホテル)→ 「雪氷」 「薬泉」 「武橋洞プゴグッチッ」→ 新羅免税店→ 金甫空港(フェスティバル)
三日目の朝、本当はJALパックのツアー内で体験できるキムチ作りを楽しみにしていたのですがこれに行くと、ホテルのサウナに行けなくなることがわかりかなり悩みました。けれど宿泊客のみが利用できるこうした施設は、今後いつ行けるかわかりません。そこでキムチ体験をあきらめ朝イチの10時からサウナに行くことにしました。
プラザホテルは都会のど真ん中に位置することもありそれほど規模は大きくなく、庭園等がありません。その代わり、ホテル裏にオフィスなども入っている別館があり、フィットネスクラブやサウナはこちらへ移動します。道を隔ててすぐです。
16階が受付。クラブフロア宿泊者以外は有料で、サウナ&アカスリ(25分)それぞれ確か3000ウォンで合わせて税込66000ウォンでした。日本円だと6600円。有料なだけあってとても素晴らしい施設で、お安いと思いました。
ちなみに、サウナというのは日本でいう「お風呂」のこと。文字通りもちろんサウナも備え付けられています。
温泉ではなくても、こうした温浴施設のこと、またはバスを備えたエステサロンを日本では最近「スパ」と言いますよね。ここも温泉ではありませんが、韓国ならではの「アカスリ」がサウナ内でできるようになっています。国やホテルによって「スパ」の定義は違うようですが、多くは「スパ=エステ」と思ったほうが良いと思います。
スタッフに案内されて入口へ。ここで靴を脱ぎます。ロッカールームに館内着、タオル、スキンケア用品等すべてそろっているので安心。木目調で高級感が漂っています。ここで撮影はNGとスタッフが。朝食のレストランもそうでしたが、かなり厳しくプライバシーに配慮しているホテルですね。
撮影OKのスポット。こちらはフリーのミネラルウォーターが置いてある休憩室。有料のドリンクメニューも頼めます。
リラクゼーションルーム。ちょっといいスパではここで一休みするのが至福ですよね♪
サウナ(スパ)の中はそれほど広くないのですが、掃除等も行き届いておりとても使いやすくきれいです。もちろん眺めも抜群。アカスリは個室なのが嬉しく、ちょっと短めで優しいすりかたなので、初心者の方にも良いと思います。この記事がとても役立ちました。
大都会ソウルを眺めながら・・・スパのメニューを受けるような時間はとてもありませんでしたが、アカスリができて満足!人気なのでコンシェルジュに早めに予約をしてもらったほうが良いと思います。
フィットネスクラブには行く時間がなかったのですが、こちらは宿泊客無料でプールはお子さんも入れます。フィットネスクラブとサウナの利用は15歳以上のみのようです。クラブフロアだと何度も出入りできるようですし、ホテルで過ごす時間がある程度あるのなら、ほかの特典も合わせそれもよさそうです。
地下のホテルアーケードには、朝食レストランでも食べられる「エリック・カイザー」やセンスの良いお土産を買えるギフトショップなどがあります。
お土産といっても、プラザオリジナルのものや食品はなくあくまでもファッション小物等ですが・・・
結局、アクセサリーなどを入れられそうな布製のポーチを買いました。案外お安かったし、ギフトだというとこんなにかわいく包んでくれました。この紙製リボン、韓国ではやっているのかほかでも使われていました。中身は、お土産紹介記事にて!
プラザホテルは日本語の話せるスタッフも何人かいて、心強かったです。タッチパネルで部屋の設備を操作するなどハイテクを駆使しているので、最初に説明は聞いておいたほうが良いと思います(^^)
ホテルの公式サイトはコチラ、フィットネスクラブ&サウナについてはコチラ、 アクセスについてはコチラをごらんくださいネ。では再び2日目からのレポートに戻ります!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.