画像: カレーですよ2335(熊本新市街 さんえす)カレーライスクラシック。

カレーですよ2335(熊本新市街 さんえす)カレーライスクラシック。

さて、熊本の夜、ひとりの夜です。
昼間、ランチで2軒カレーにいきました。やることも調べることもあって、熊本の繁華街の土地勘を作るとか、いろいろ時間を使いました。
カレーですよ。
それで、なんとか投宿の場所も確保して、2軒ほどカレーの取材も出来て、さて、夜です。
昼間、電話を何軒かして、やっぱりホテルは見つからなくて、で、これはいけるだろう、と裏技的に覚えてきて電話した「城の湯」いわゆるスーパー銭湯。スパ施設ですね。
そこに個室があるんですよ。エコノミーのシングルルームがなんと3500円。カプセルホテルほどの値段です。でも天上が高くて個室です。そのかわり冷蔵庫やテレビはない寝るだけ部屋。お風呂はもちろんサウナやら露天やらなんやら。まあ、いいんではないか、と決めました。
荷物を投げ置き、風呂でさっぱりして繁華街に再出発です。
なんとなかくぐるぐるあるいたり、すんごく暑くて(当日最高気温35度でした!)こりゃダメだろ、と予備のTシャツ買いにいったり。
それでだんだん熊本の繁華街の位置関係がわかってきました。
そんな中でさらりとお夕食。
まあさ、だご汁だって馬肉だって、芥子蓮根や太平燕だってもうね、色々あるじゃないですか。でもね、一人の夜だからやっぱりカレー。カレーですよ。
一人ののんびりしたい夜、さらりとカレーを食べたいと思ったときにマニアックで凝った熱量の高いカレーではない、淡々とした感じのものを食べたいと思ったときに、ここが浮かびました。熊本新市街にあるカレーショップ、
「さんえす」
落ち着いた、昔の喫茶店風、広々したお店です。1947年創業という、まさに熊本最古のカレー店と言っていいお店でしょう。ショーケースに蝋細工のサンプルと、もうなんというかこれぞカレーハウス、の佇まい。
こういう店、東京に限らずずいぶん少なくなってきてしまっています。
落ち着いたお店の中は、そろそろ閉店時間でお客さんはボクだけでした。
さあ、メニューどうしようか。
カレーソースはどうやらオリジナルの1種類の様子。そこにいろいろな洋食風のおかずが乗るタイプのカレーライスです。えーと、揚げ物は今晩はなしでいこう。では、
「ベーコンと玉子のカレー」
をお願いします。
茶色い太い梁が走る店内の天井。落ち着いた照明でがほっとします。ずいぶん長く営業されていて、お店はきっと改装を重ねてらっしゃるんでしょうけどその落ち着きや空気感はきっと長くお店が続いて長く通うお客さんとのあいだに生まれたものなんだろうな、と感じます。
さあ、カレーです。
お!かわいいビジュアルです。
オムレツに乗ったベーコンとニンニクの芽、いっしょに食べたんですがこれががなかなかの好バランス。あら、いいねこの組み合わせ。カレーソースを合わせないで、ベーコンオムレツライスとしても美味しく食べられるのが素晴らしいです。いや、じゃなくってカレー食べなくちゃ。
カレーソースは洋食レストランスタイルです。小麦粉とカレー粉を炒めて丁寧に作る昔のスタイル。欧風寄りとも言えましょう。そのお味はおかしな突出をしない、なめらかで控えめ控えめなものです。辛さも変に強くせず、しかし頑固なまでにこのお店のカレーライスというスタイルを感じます。そういうカレーです。甘くて奥行きがあって少しスパイスを感じて。お年寄りも小学生もみんな好きなカレーライス。
たまに思い出して、定期的に来るといいと思いますよ。
そうやって食べているとあるときふと自分とは世代の違う年上の人やずっと下のこ達とこのお店を共通の話題に出来て、なんて楽しいですよね。長く続くお店とおつきあいしているとやってくる楽しいひとときです。
こういうカレーが長く続くのはとてもいいことだよねえ。とてもうれしいです。
熊本の人は大事にして欲しいなあ、こういうお店。
言わずともきっとそうしているはずだよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
tumblr あります。わりと日々の事がまとまってます。
http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」
http://hapi3s.blogspot.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.