画像: 鱒の寿しのこと考えました

鱒の寿しのこと考えました

おとといの富山食育講演会で、JA富山 女性部の会長さんがおみやげにくださった鱒寿し。
嬉しかった。
包みを開く時に、これほど緊張するお寿司ってなかなかない。
めいっぱいの緊張状態で引っ張り合っている竹を止めるゴムを外すときの
どきどきの緊張感。
竹の棒4本で止めてある。
この青竹が、嬉しい。
木のフタに曲げ輪っぱ。
山の資源が活かされています。
笹もふんだんに。
乾燥予防と抗菌になっているのでしょう。
わわ。
二段でしたー!
豪華な方のやつやーーー。
おみやげにくださった方の気前の良さ!しっかり受け止めました。
カット用のプラスチックナイフが入っていますが、
きれいに切りたいので家の包丁で〜。
サクラマスだってーーー。
色もきれいで肉厚でたまりません。
富山名産
鱒の寿し
青山総本舗
富山に鱒寿司メーカーはいろいろある中で、
選んでくれた人は、青山総本舗さんが好きなのだろう。
よそ者は、富山の鱒寿司と一緒くたにしてしまいがちですが、
地元の人はこの店がおいしい、あの店はどうこうとこだわりを持っているのでしょう。
調べると、富山ます寿し協同組合に加盟するお店は実に14軒ありました。
それぞれ少しずつ特徴を持っているようです。
あれ、こっちのサイトで見たら、15軒あります。
http://find-travel.jp/article/13355
どういうことだろう。
この間、カンブリア宮殿で、
博多に「明太子」を生み出した会社が、レシピや権利を独占することなく、
解放したことで、博多全体の名産になったという話をやっていたのを思い出しました。
最初に鱒寿司を発明したのは「源」さんのようですが、今や14軒。
後発の企業と一緒になって富山の地に鱒寿司ありと、広めようとしているのかな。
いいことだと思いました。
富山に鱒の寿しがあってよかったー!
これ考えた人えらい!
作った人ありがとう!
昨日わたしにおみやげくれた人めっちゃありがとう〜〜\(^o^)/
http://www.masuzusi.com
#鱒の寿し
#ますのすし
#toyama
#富山

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.