画像: 日本料理 龍吟

日本料理 龍吟

おはようございます! 快晴の月曜日!紫外線対策をしっかりして......今週も元気にがんばりましょう^^ さて、少し前にお邪魔した『日本料理 龍吟』さん。先般発表された今年の「世界ベストレストラン50」のアワードで31位のランクインが発表された直後......。 鱧に鮎、そして鰻まで楽しめる、食材のお祭りのようなこの時期に運よくお邪魔することができました。 「日本の食材の恵み」を再認識させてくれるような豊かなお料理の数々をご紹介します。冷たい枝豆の一皿で涼を感じ、そのあとアワビと冬瓜の温かい一皿でほっこり安らぎ......香りや食感のみならず温度においても緩急がつけられています。ムラサキウニととうもろこし、そしてアメーラトマトの清涼感あふれる一品には、アロマティックなアルザスのゲヴェルツトラミネルをペアリング。鱧にじゅんさい、賀茂茄子に青ゆず。季節感と滋味を感じる食材の絶妙なマリアージュです。お造りはそれぞれ趣向を凝らした料理が3皿も登場。雪の茅舎や東一大吟醸を差しつさされつ......大好物の赤貝やカツオも堪能でき、大満足^^ そして......いよいよ鮎の登場!豪快な演出です。蓼酢にスイカを加えた独自のたれでいただきます。名物の鮎の炭火焼き。今まさに泳いでいるかのような躍動感あふれる出で立ちで登場です。鮎にはコレ!と山本さんが押してくれたのは......ビール。エビスビールの爽快な喉ごしと余韻に残る複雑な旨味を香魚に合わせて満喫しました。 お次はお肉。 オリーブの産地が誇る、良質な ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.