画像: 深夜まで営業 焼肉 神泉ホルモン 三百屋

深夜まで営業 焼肉 神泉ホルモン 三百屋

どうも、最近遅めに夕飯を食べる機会が多い姫です。(はしごやら、残業後やら・・・)
今回ご紹介するお店は、深夜3時(ラストオーダー2時)まで営業してる
神泉の焼肉屋さんです。
着いたのは真夜中の0時頃。
渋谷に近いからか、終電過ぎても元気なお客様で活気がありました。
お通し
まずは、かき氷みたいな盛り盛りの千切りキャベツが
お通しで出されました。
お好みでかけるドレッシングがマッチしているから、
焼肉の合間やお酒と一緒につまみやすいです。
ノンアルコールビール
こんな時間やさかいお酒は飲みませんでした。
結局これを2杯頼んで雰囲気を味わうことにしました♪
白菜キムチ
メニューに唐辛子マーク1個ついてました。
適度に辛く、漬かっていることによるくたっとした感じが好きでした。
お次は、焼肉!
こちらのお肉は、東京芝浦の食肉市場で仕入れているそうで、
牛と豚臓物、精肉があり、特にホルモンがウリということで、
そればかり頼みました。
タンスジ
すじばり具合により独特の食感があるタンでした。
タン
タンの食べ比べ!
このコリコリ感がたまりませn♪
ハラミ
揉み込まれたタレが馴染んでいて、柔らかかったです。
脂付上ハツ
まるで鴨肉のようなビジュアルで食感も似てました。
特有の臭みがなく、脂がついていてもあっさりと食べられました。
ホルモン盛り合わせ おまかせ6点
内容は、ハツモト、コプチャン、上ミノ、つなぎ、ホルモン(シマチョウ)でした。
全体的にタレでコーティングされているからわかりずらいですが、
歯ごたえが違うので食べ比べていて楽しいです。
しかも、バケットまでついていて小粋でした!
豆腐チゲ
こちらも唐辛子マーク一個ついていたので、
激辛マニアとして頼んでみました。
コチュジャンの味が強いお店もありますが、
こちらのは、お味噌のコクが強めに感じるタイプでした。
寝る前に食べているから、
そんなに辛くないこういった豆腐料理まであって身体想いな感じがしますね!
軽く食べに来たつもりが結局興味が先行してついつい
あれもこれも食べてしまいました。
でも、スタミナがついて、満足です。うっしっし♪
神泉で ホルモンみなぎり 新鮮な眼差し ~姫心の俳句より~
『神泉ホルモン 三百屋』 オフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.