画像: 話題の 高円寺カレー3店。妄想カレー、インド富士子、ピピネラに行ってきました。

話題の 高円寺カレー3店。妄想カレー、インド富士子、ピピネラに行ってきました。

個人的意見ですがカレーは平和を感じる食べ物です。どこのカレーでしょう? わかる方~?カレーは、食材にも平和的に感じる。肉も野菜もスパイスで一つの鍋で融合されて「カレー」に変身しちゃう。じゃ、具はスパイスは何だっていいかというと、全く違って。味の問題だけではなく、これとこれの組み合わせで どこそこの国風~など、奥が深い。で!高円寺へカレー探究に繰り出したんです、4人でカレーと言えば!「カレーの本」著者、飯塚敦さん(はぴいさん)、 東京スパイス番長 野口慎一郎さん(シャンカールさん)。お2人に教わりスパイス探求。もう、楽しみすぎるでしょ、これ。で、カレーを食べる・お酒を飲むと言えば!仲良し 農業ジャーナリスト小谷あゆみさんです、はい。「まずは妄想カレーだね」「だね」のお2人の一言で決まったこちらねぐら(妄想カレー)さーん http://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13193242/チラッと中を覗いただけでも感じる、異国感。笑 ちなみに、外にいるだけでスパイスの香りがむんむん中入って、この狭さが面白くて仕方ない。私の膝小僧と手の先で調理してくれてて、まさにお家感覚今日のカレーの説明を受けます最初に言っておきます、おいしいですスッキーニとカレーリーフのチキンのカレーも、マッシュルームと青唐辛子のカレーも、さっき切ってくれてた真ん中のサラダも、「インド行ったこと無いから、妄想して作るんですけどね」って、店長、妄想がすごすぎます。しつこいですが、この距離で説明を受けるとかなりの説得力です。笑 あ、でも圧迫感を感じる店長さんじゃ無いのでご安心をお勉強。カレーリーフのフレッシュを見せてもらった。「ほぉ~」 見ただけでもイメージが倍になり喜んでたけどあゆみんが 後から調べてくれたら、なんと、カレーリーフの別名学名は(種小名)「koenigii」 だそう「koenigii コーエニジー」 似てる!! 高円寺・こうえんじー 似てない???そうそう、「ねぐら」さんは、7月いっぱいなのです。移転先をさがしていらっしゃるそう。なので、ぜひ今月中に食べにいらして~。ご夫婦で仲良く営業されてます「ねぐら」店長の「妄想カレー」です。日によって内容は変わりまーす。で、2軒目に行く前に、気軽にインド気分を味わえるお店でお買い物したり、高円寺らしい高架下の屋台に行ったり、途中で寄り道もちゃっかり楽しみつつ2軒目は「インド富士子」へhttp://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13193013/「今日はカレーのみです、アラカルトメニューは完売なの」とのことで、4人で3種のカレーをシェア。フィッシュカレー、本日は「ブリ」。ブリのカレーってあまり食べたこと無いかも。コクがあっておいしいダル(豆)とズッキーニお勉強。●マスタードシード爽やかでおいしい~ペッパーや唐辛子がそれ自体辛みをもっているのに対し、マスタードはすりつぶして水と練ると辛みが発生するんです。だからこう ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.