画像: スパイス番長とカレーはぴさんと スパイススケ番ナイトin 高円寺

スパイス番長とカレーはぴさんと スパイススケ番ナイトin 高円寺

スパイス部はじめました*\(^o^)/*
第1回 高円寺×カレー 研究
カレー専門家はぴさん、
スパイス番長 シャンカール野口さんの案内で
ディープ高円寺×カリーの夜でした!
一軒目は~~
妄想カレー!
ネグラ
カウンター6~7席のお店で、厨房と客側が近いー!
というか、料理する人と食べる人、同一のカウンターをシェア~!
ニンジンのラペ作ってるのここまで見せるか~~~
クミンをパラパラ...
クミンの瓶。
ネスカフェの瓶です。
フタの裏に乾燥剤がくっついてるのでいいんですよねえ。
へーーー。
左から「カレーの本」著者はぴさん
インド巻きベジ
フードジャーナリストの里井真由美さん
東京スパイス番長の1人シャンカール野口さん
きょうはカレースパイス部というので、
その昔インドで買った布をまいてきましたよーーー^^
ズッキーニとカレーリーフとチキン(左)
ターメリックライスの上は、セルバチコのサラダとニンジンのラペ
マッシュルームと青唐辛子 豚のキーマ(右)
こちらのお店にはメニューがなくて、その日のオススメカリーの合い盛りのみ!
1000円。
缶ビールは500円。
チキンカリーに「カレーリーフ」が入っているというので、どんなんですか?と尋ねると、妄想オーナーは冷蔵庫の袋から取り出してみせてくれました。
これがカレーリーフか~~~~。
今朝、Wikiで調べてびっくりしたーー!
オオバゲッキツ(大葉月橘)
(学名 Murraya koenigii、異名(シノニム)はChalcas koenigii )
学名がなんと、ムラヤコーエンジーー
もしくは、チャルカスコーエンジーに
高円寺で初めて生の葉を見せてもらったカレーリーフの学名はコウエンジーーに酷似していました。おもしろくないですかああああ。
そうでもないですかああああ。
さて、オオバゲッキツ(大葉月橘)
ミカン科。インド原産。別名、カレーノキ(curry tree)、葉はカレーリーフ(curry leaf)
葉はカレーと柑橘類を足したようなスパイシーな香味、
南インドやスリランカで料理の香り付けとして用いられる他、南インドからの移民が多いマレーシアでも、南インド系の料理に用いられる。
葉は乾燥させると香りが弱まるため、普通は生のまま、小葉を他の香辛料や小粒の豆類と油で炒めて用いる。
また、葉・樹皮・根は強壮作用をもつ。
材は緑色で硬く、農具になどに用いられる。
ですってーーー!
カレーの木の農具、見てみたいものだ~。南インドかスリランカに行ったら見られるかもね。
ビールの次はなにか別のお酒を~~~ということで、カクテルを注文~
ロンドン・ドライ・ジンBEEFEATERに漬け込んであるのは
カルダモンとペッパーです。
ビーフィーターと読むんだけど、語源はBEEF EATER
ビーフ、イーター!”#$%&’()>????
BEEFEATERとは、ロンドン塔を守る近衛兵のこと。
ラベルにも描かれている雄々しい姿で、王冠が保管されているロンドン塔を守ります。
王家の宝を守る彼らは、その昔、国王主催のパーティーの後、残った牛肉の持ち帰りを許されたことから、BEEF+EATER(牛肉を食べる人)と呼ばれるようになりました。
ですって。
知らないことだらけ~~~。
カルダモンとペッパーのカクテル、カレーに合いました~^^
妄想カレー
「ネグラ」さん
高円寺南4-25-1
南口パル商店街をずずっと下って2本目の道を左に折れたら妄想インドの旗の下
なんとお店は7月一杯まで。建物が取り壊しになるのだとかーーー!
次の物件探しの真っ最中だそうです~。
いいいところ見つかってね。
また行きたい~。
高円寺商店街で知らない人はいない「仲屋むげん堂」でお買い物したーーーー
#妄想カレー
#高円寺
#カレーリーフ
#スパイス番長
#カレーですよ
#カレーの本
#カレー3軒はしご
東京スパイス番長のスパイスカレー
1,543円
Amazon
カレーの本―あなたの食べているカレーがわかる (SAKURA・MOOK 69)
648円
Amazon
つづく
ベジアナ・カレーアナ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.