画像: 6月29日より白金に生ホッピーと肉割烹の『肉処 嘉陣』OPEN!

6月29日より白金に生ホッピーと肉割烹の『肉処 嘉陣』OPEN!

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
明日6月29日(肉の日)に、
肉コンシェルジュの田辺晋太郎がプロデュースする『肉処 嘉陣(にくどころ かじん)』がOPENします。
そこで、プレオープンのディナータイムにお邪魔しました。
トゥ
『肉処 嘉陣』外観
場所は、広尾の外苑西通りから天現寺橋を越えて、
1本目の北里通りを白金高輪方面に向かって歩くと左側の小道にあります。
広尾からも白金高輪からも行ける閑静な場所にあります。
オーナーさんも、田辺さんも食通でありながら、
仲間が気軽に入りやすいよう協議した結果、
敷居の高くない肉割烹を目指し、
コースの価格設定は5000円からにしてます。
この立地にしては、控えめですよね!
お料理を体感する前に、
まずは、こちらからスタート!
生ホッピー
茶色の瓶に入ったあのホッピーもレトロで好きですが、
こちらのは、グラスに生ホッピーが注がれ、
クリーミーできめ細かい泡を楽しめつつ、ホッピーのようにプリン体に優しいお酒なのですね。
姫の王は昔から、「ホッピー呑んでハッピー♪」という親父ギャグを娘にどや顔で言うのが好きなので、
ここに連れてきて、その名言がまた聞きたくなりました。
そら豆のすり流し
素材の色と味を引きだしつつ、
出汁が決め手となり、
割烹らしさを感じる逸品でした。
牛テールの茶碗蒸し
和の茶碗蒸しをベースに、
牛テールが具となり、トゥルンとしたじゅんさいが浮かんでました。
様々な食感を楽しめました。
牛の肺のユッケ風、レバー 韮ソース、ハツ 行者ニンニクソース
手の込んだお肉の盛り合わせです。
ソミュール液に1日漬けて低温調理し、
生そうで生でない状態に仕上げてました。
それぞれに合った味付けなのも好印象でした。
薄切りにしたレバーと韮ソースで、
レバニラ炒めを思い出させる創作性に驚きました。
牛タンシチュー
牛タンの赤ワイン煮込みに山椒を効かせ
お肉の柔らかさとコクそしてピリッとくる刺激、
3つの印象を覚えました。
和牛メンチカツ
ジューシーなお肉に、
胡瓜とマンゴービネガーを乗せ、
この季節にぴったりな爽やかな余韻となりました。
雁木
生ホッピーだけでなく、日本酒もありました!
山口の日本酒で深みのある味わいだったので、次のおつまみに合わせて嗜みました。
ガツとパクチーの酢の物
コリっとした食感とパクチーの香りにはまりました。
コラーゲンとかデトックス等、女子が好む響きを持つ組み合わせでした。
黒毛和牛ヒレ肉の炭火焼(3人前)
見事な火入れのメインでした。
行者ニンニク醤油をかけるとパンチが増しました。
ビーフカレーライスとポルチーニ茸の赤出汁
10種類のスパイスを使ったピリ辛のカレールーでした。
これに高級な茸とお味噌を使った味噌汁で上質な〆となりました。
記念写真
プレオープン期間中、ずっと接客のお手伝いをしていた田辺さんと
ハイポーズ♪
最近焼肉ばかり食べていた姫にとって、
たまには、出てくるお皿に向き合うのも、ゆったり会話と食に集中できて良いなと思いました。
白金で 食通陣に 注目店 ~姫心の俳句より~
お店のオフィシャルフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.