画像: パリ・日本文化会館、食べた国虎屋のおにぎりと坂東彌十郎さんの歌舞伎/わたしとパリvol.22

パリ・日本文化会館、食べた国虎屋のおにぎりと坂東彌十郎さんの歌舞伎/わたしとパリvol.22

「パリとわたし」先月は「パリで感じた日本」をテーマに渡仏。今日はパリで食べたおにぎりと、観た歌舞伎のお話パリの日本文化会館に入ったらすぐ右手。国虎屋バーで食べたおにぎり(鮭いくら)一番人気が鮭いくら。実は450円ぐらい。「たかっ!?」と思う値段ですが「鮭いくら小丼」的な盛りだしね。海苔はその場で挟んでパリパリおいしい。ほかには鮭、昆布、おかか、梅があり、この順で人気みたい。梅は海外の方には馴染みにくいかも。。。「DASHI」「UMAMI」の言葉が浸透しても、=イコール「おかか」とは、なかなかならない,もどかしや~国虎屋さんだけに伺うことは可能、でも文化館館内の催しに行く時に立ち寄る方がほとんどかと日本酒もあり、甘味はどら焼きもあり、中は粒あん。エッフェル塔と凱旋門の焼印。小豆もむっちり皮もおいしいさて日本文化会館ですが、パリエッフェル塔近くにあり日本の文化や文学を中心に様々な催し物がされていてhttp://www.mcjp.fr/私は「歌舞伎」へ。坂東彌十郎さん、ご子息新悟さんの欧州公演を観に伺いました彌十郎さんブログhttp://ameblo.jp/yaju1956/初日は大太鼓で祝い儀式もあり、熊本応援のチャリティーグッズも販売され、江戸文字 橘右之吉さんも会場にいらっしゃいました。彌十郎さん、慎吾さんの会である「彌悟(やご)」、 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.