画像: 和牛焼肉 ビーフファクトリー73(Beef Factory 73)@武蔵小山

和牛焼肉 ビーフファクトリー73(Beef Factory 73)@武蔵小山

どうも!
肉食女子の姫です。
さて、久々に東京のお店をご紹介します。
向かった先は、武蔵小山。
こちらに希少部位をリーズナブルな価格で味わえるお店があると聞いてやってきました。
その名も『ビーフファクトリー73(Beef Factory 73)』!
タイトルで既にわかりますね(笑)
駒沢にも店舗がある人気店です。
店内は、カフェみたいにスタイリッシュな雰囲気でした。
白菜キムチ
メニューを見て即決!
姫は、自称キムチ研究家なので。
こちらのキムチは、自家製なんですって。
フルーティーさがあり、辛味と塩味のバランスが良かったです。
ノンアルコールビール
この日は、休肝日なので、
この1本で我慢しました。
生サガリ刺し
サシの入り方が良いです。
生姜醤油でいただくと、牛なのにまるで馬刺しのような味でした。
特上厚切り牛タン
見事なブリッジですこと!
格子状に細かく隠し包丁を入れているから、
噛んだ時の歯ごたえが独特でした。
ピリ辛青唐牛アワビ
ハチノスとセンマイをつなぐ部分で、一般的にヤンと呼ばれています。
鮑のようなコリッとした食感がありました。
味は、センマイに近く、
青唐辛子と一緒に焼くことで、辛党の姫好みのテイストでした。
和牛上カルビとハラミ
「カルビは、上クラスだからさぞかしお高いんでしょう!?」
と思っていたら、680円でした。
適度な脂身があって昔ながらの焼肉を思い出します。
ハラミは甘めのタレに馴染み、
2つの違いを楽しめました。
上ミスジ
厚めで2枚も入ってました。
想像していたミスジのテクスチャよりも
引き締っていて、最後の余韻まで、旨味を感じました。
スンドゥブ
熱々の鍋に生卵を落としてからいただきます。
コチュジャンをたくさんいれて辛くするお店もありますが、
こちらは、味噌のコクで豆腐を楽しむタイプでした。
干し海老の出汁が効いていてオリジナリティに富んでました。
焼肉だけでも大満足でしたが、
この他、韓国家庭料理店で食べたいような一品メニューも
いくつかあったので、
何人かで来てシェアしたら、もっと楽しめそうです♪
武蔵小山 カフェのような 焼肉工場 ~姫心の俳句より~
ビーフファクトリー73(Beef Factory 73)のオフィシャルサイトは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.