画像: 食レポ「フランス・福島 美食の夕べ」フランス大使公邸で開催

食レポ「フランス・福島 美食の夕べ」フランス大使公邸で開催

2016/6/17 福島県産の食材を使ったフランス料理の晩さん会「フランス 福島 美食の夕べ」が、フランス大使公邸で開催されました。http://www.ambafrance-jp.org/-Japonais-福島県食材とフランスの美食伝統との調和から、福島・東北の農産畜産物を応援する試みですティエリー・ダナ駐日フランス大使、高木毅復興大臣、福島県の内堀雅雄知事をはじめ、ご関係者の皆さまがご列席され、マスコミ記者会見と晩餐会が開催今回の企画はティエリー・ダナ駐日フランス大使のご発案ですダナ大使からは「フランスも福島県も(産業は)農業が中心。震災から5年がたち、食を中心とした支援をしたいと考え、福島県産の農産物とフランスの美食伝統・食文化を融合させようと考えました」とお言葉を頂き、高木毅 復興相から「福島県産食材に対する風評被害に対して大きな力になります、感謝申し上げまます」との厚いお礼のお言葉があり、福島県の内堀雅雄知事からは、熱い思いとお言葉をいただきました震災直後のご様子を語られながら、県産食材が風評被害をくぐり抜け「強さとたくましさ、優しさを兼ね備えているからおいしい」と強くPRがあった後、「おきあがり小法師(こぼうし)」を手に七転八起のご精神を伺い、胸が熱くなりました会場には福島県産農産物が展示。お米「天のつぶ」、なつかし弁当「こづゆおにぎり弁当」のご紹介もジャガイモ、たまねぎ、フェンネル、レタス、川俣シャモ、福島牛、会津地鶏など、農産畜産物と説明文が配布改めて良さを確認し合う。「食を通じて日仏の新たなご縁の強化」を感じます高木毅復興大臣とご一緒に。学部違いではありますが同大学の先輩でいらっしゃいますご来日中の仏歌手、シ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.