画像: 回転焼肉・松阪牛焼肉・ホルモン 一升びん宮町店@三重・松阪

回転焼肉・松阪牛焼肉・ホルモン 一升びん宮町店@三重・松阪

どうも!
肉食女子の姫です。
一昨日の三重旅行の続きです。
油そばを食べた後は、
東京ではなかなか体験できないお店に行きました。
トゥ
一升びん宮町店 外観
こちらは、お肉で有名な三重県松坂市で多店舗展開している
『一升びん』グループのうち、一般席だけでなく、
回転焼肉を楽しめる席がある店舗です。
回転焼肉の様子
このように、回転寿司みたいにレールに焼肉のお皿が流れてくるのです。
お皿の見本
壁に飾られたお皿がシステムを物語っています。
こちらの回転しているお皿の模様と色によって価格が違います。
レモンサワー
暑い日だったのでまずは、喉を潤しました。
白菜キムチ
オープンと同時に行き、
まずはこれをおつまみにしました。
塩気があるから、お酒のお供に最適でした。
原木しいたけ
松阪産の旨味がある肉厚なしいたけをいただきました。
お肉だけでなくしいたけまで地産地消なところが良いですね。
ナムル盛り合わせ
4種類入っていて、お得な感じがしました。
呑ん兵衛が野菜を摂取するなら、普通のサラダより
こういう味付けされたものが良いのです♪
松阪牛みすじ
早速限定商品をオーダーしちゃいました。
だって、開店と同時に混んでいたので、
売り切れてしまったら困ると思ったのです。
東京で薄めでさっと炙って卵黄につけたりするみすじは食べたことはあるけれど、
これは大判で厚みがありました。
松坂牛の霜降りさとみすじ特有の繊維のほぐれ具合が絶妙で、
これにはまって、後にもう一回追加オーダーしちゃいました。
和牛厚切りタン
厚切りタンは松阪牛のがなくて、和牛でした。
正直に説明してくださるところに好感を持てました。
松坂牛ランプ
旨味の安定感、ボリュームといい、
もはやステーキみたいな貫禄がありました。
松坂牛赤身
リーズナブルな赤身は、最初から自家製味噌ダレがかかってました。
卓上にそのタレが置いてあるけれど、
お肉とお店秘伝の味を楽しんでほしいというメッセージが込められているように感じました。
松坂牛カルビ
これはさらに、サシが強めなお肉でした。
味噌ダレのコクにマッチしてました。
とらじの唄
マッコリをヒントに開発された愛知の微発泡系にごり酒です♪
お肉の脂っぽい印象を柔らげ、旨味をこの独特の甘味と酸味が引き立たせてくれました。
松阪肉特撰
この日はリブロースでした。
幅は広いけれど薄めだから、焼く技術力が問われます。
選ぶのも、焼くのも自己責任なところが、回転焼肉の醍醐味のように思えました。
食後のお皿
どうやって計算するんだろうと見ていたら
なんと、お皿についるICチップを機械が読み込んで計算するんですって。
画期的ですよね!
振り返ると、回ってない限定商品ばかり選んでしまったな(笑)
でも、ここに来たら、一般席よりも
回っているお皿を見てワクワクする席の方が
松阪牛をカジュアルなスタイルで食べられるウリがわかりやすくて良いなと思いました。
もっと食べたかったけれど、次にディナーの予約をしたお店に行かなければならなかったので、
このあたりで我慢しました。(まだ食べるのか。w。)
回転焼肉で回転の良い客と化しました。
松阪で 回って選んで うっしっし ~姫心の俳句より~
お店のオフィシャルホームページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.