画像: 銀座別邸

銀座別邸

こんにちは。 少し前のことになりますが......柿安本店さんが銀座2丁目9Fに構えた『銀座別邸』にお邪魔してきました。エントランスには美しい生花の装飾が。こちらの店舗、設えにも食材にも、細部にまでこだわりが凝縮されている、進化を遂げた柿安ワールドを体感できる隠れ家です。 今回は鉄板焼き専用の個室にて、特別コースを。選び抜かれた食材を目の前で調理していただきました。まずはシャンパーニュを。 ラルマンディエ・ベルニエのブラン・ド・ブランでおめでとうの乾杯です。先附の松阪牛のしぐれ煮は、「柿」の器に入っています。再びまっさらな気持ちでスタートする、という気持ちを表し、あえて白色をしているのだとか。そして鮮やかな旬彩盛り合わせ。炙り鱧、温燻ほおずき、あゆ蓼の葉焼き、白芋茎この子和え、諸越豆富ウニ醤油......などなど味わい深い小さな逸品が勢ぞろい。 そして......やってきたのが桑名産の特大大ハマグリです!艶があってため息がでるほど美しい......丁寧に炭火で焼いていただき、ぷっくりとしたジューシーな身を、アツアツの状態で堪能します。メインのお肉を待っている間はお口直しのグラニテを。目の前の鉄板で豪快且つ丁寧に調理されているお肉を眺めながら......ワクワクしながら完成を待ちます。お肉をいただく準備も万全!ここちらが、究極の松阪牛のTボーンステーキ。本当に骨の部分が「T」の形をしているのがよくわかり ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.