画像: フレンチレストラン『Chez TAKA(シェタカ)』@赤羽橋 ~ランチ編~

フレンチレストラン『Chez TAKA(シェタカ)』@赤羽橋 ~ランチ編~

どうも!
女子会ばかりしている姫です。
昨日は、食べあるキング&フードアナリスト仲間の瀬川あずさちゃんと一緒に、
ランランランチしてきました♪
向かった先は、赤羽橋(住所的には東麻布)。
伝説のレストラン「マサズ・サンフランシスコ」を全米No.1に導いた、
シェフ河合隆良氏がオーナーシェフを務めるフレンチレストランです。
1階は、キッチン、BARカウンター、テーブル席がありました。
BARスペースではハッピーアワーがあるらしく、
気になりましたが、この日はランチ目的であることを思い出し
2階に上がりました。
2階は個室とテーブル席がありました。
あずちゃんと姫
自然光が心地良いテーブル席に通されました。
都会にありながら、なんだか別荘に来たみたいに優雅な気分でした。
ピエール・モンキュイ
ワインの講師をされているあずちゃんとのお食事ですもの、
やはりワインは飲みたいもの。
暑い日だったので、シャンパーニュを嗜むことにしました。
リフレッシュできて早速至福です♪
ちなみにワインリストは、
日本代表ソムリエの石田博氏監修なんですって。
天井近くまであるセラーを配し、ワインとのペアリングも期待できそうです。
「だから、ランチで来たんだってば!」
とこの後用があるので、たくさん飲みたい気持ちをぐっと我慢し、
お料理を待ちました。
ランチメニューは、月ごとに変わるコース1種類で、
メインディッシュ2つの中から選べます。
カジキマグロのグリエ 季節のサラダ
まずは、野菜たっぷりのサラダからスタート!
お魚もついていて、既にメインのように嬉しいです。
特に、お魚との相性だけでなく食感の為、ケッパーをフリットしているのが面白かったです。
メゾンカイザーのパンと自家製ハーブオイル
仕入れているパン屋さんを公表しているのがすごいですね。
このバケットに塩胡椒の入ったハーブオイルがマッチしてました。
モロヘイヤと雑穀のスープ
脂身がほとんどない鶏肉とモロヘイヤと雑穀で
ヘルシーな印象のスープでした。
飲んだ次の日にも身体が欲しそうな優しい味わいでした。
はちきん鶏の胸肉 黒胡椒風味 クリーミーポレンタ 季節野菜添え
メニュー名の響きだけでも美味しそう!
先程のスープに入っていた鶏に比べるとジューシーさがありました。
メインディッシュに向けての力強いアプローチを感じました。
それにトウモロコシで作られる大好物のポレンタも好印象でした♪
デザート
メロンの果肉とジュレを使い分けた爽やかな逸品でした。
食事を終え、見渡せば、ほぼ満席状態。
この日は、13時過ぎにいらっしゃるお客様が多かったですが、
最高12時間、オープンから夜までの営業時間中ずっとお食事をされていた方がいらっしゃるんですって。
お茶で居座る訳でもなく、しっかりその時間にあったオーダーをされていたんだとか。
きっとそれほどくつろげたのでしょうし、
そんなライフスタイルを1度味わってみたいものですね(^^)
赤羽橋 羽を伸ばしに フレンチへ ~姫心の俳句より~
お店のオフィシャルホームページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.