画像: この夏どれから食べる?ウェスティンホテル東京「ザ・ラウンジ」のキャンディパフェ

この夏どれから食べる?ウェスティンホテル東京「ザ・ラウンジ」のキャンディパフェ

ウェスティンホテル東京1階「ザ・ラウンジ」新作発表会へhttp://www.westin-tokyo.co.jp/7/1~8/31迄「キャンディパフェ」が登場します。アイスキャンデーが乗ったパフェが5種※左から)マンゴー&バナナヨーグルト、チョコレートバナナ、フリュイルージュ、黒豆&抹茶、トロピカルフルーツ(HPより画像拝借)わたしのおすすめポイントは5つ1すべてハンドメイド2選べて楽しい3食べきれる大きさ4どう食べても、最後までおいしい5子供ごころ&大人ごころ「きゃー。どれ食べる?」プロのライターさんやメディア関係者さんだって、目はハートに声は黄色になるもので。鈴木一夫シェフ。この日集まった関係者さんも、何度もシェフのスイーツは食べているはず。でも今回のキャンディパフェはワクワクしたろうなぁさっきのおすすめポイントの1から3は読んだまんまの意味です。全てが手作りなんです。これってすごいことで、アイスキャンデーもソースも、中に入ってるアイスも、みーんな手作り。ありそうで少ないです、「全てシェフの手作り」って。マンゴー&バナナヨーグルト。夏に食べたいフルーツの中でも人気の「マンゴー」♪アイスバーが2層になってます。手作りスコーンの破片がトッピング、これがまたいい。食べ応えあり、塩バター感で食べ進む。味はマンゴー7、バナナ2、ヨーグルト1のようなバランスかなぁ(個人的印象)チョコレートバナナ。中は「クレミア」ソフトクリームです。世に言う「チョコレートパフェ」の印象ですが、「食べきれる大きさ」「最後までおいしい」の良さを痛感。どこからすくってもおいしく、下のグラノーラやバナナと混ざると一層おいしいの♡ 大きなチョコパフェを食べて味に飽きたり、うまくすくえなくて好みのバランスで食べきれなく、後味の印象が薄い経験ないですか?そう「最後の一口がおいしい」は重要ですフリュイルージュも、最初の一口も溶けて全体が混ざってもおいしい。ずっと香りが豊かでジューシー黒豆&抹茶なんて、最初から最後までずっとワクワク。和風がお好きな方、食感を楽しみた ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.