画像: カレーですよ2301(六本木 パルズ)「カレー好き集まれ!!ゲストはカレーライター飯塚敦さん、全国のカレーを楽しむ会」

カレーですよ2301(六本木 パルズ)「カレー好き集まれ!!ゲストはカレーライター飯塚敦さん、全国のカレーを楽しむ会」

六本木にちょっと秘密めいた場所があります。
あ、違います。同世代の皆さん、神宮前や六本木に密かに派手にあったああいう会員制のクラブじゃないです。
あ、違います。カレーの皆さん、日本語が通じなくて現地の人しかいないどこだこりゃ、のアジアエスニックの食堂でもありません。
カレーですよ。
先日、ちょっとご縁があって、登壇のお仕事をいただきました。登壇といってもラフなもので、演壇から聴衆に、とかではなく、小さなクラブハウスで親しく皆さんにおしゃべりするようなアットホームな集まりでした。
「食のショールーム・パルズ」
は、そうだなあ、なんて説明しましょうか。FOODEXが規模が小さくなって常設されている感じ、とでも言いましょうか。地方の中小の食品生産者さんたちの作った良いものをこの場所を通して他の地域の方やバイヤーさんに見て選んでもらう場所、とでもいえばわかりやすいかな。まさに「食のショールーム」なわけです。
女性オーナーが経営している場所でちょっとなんというか、食いしん坊が集うクラブハウス的な場所でもあります。いい感じなんだよね。そこで開催されたのが、
「 カレー好き集まれ!!
ゲストはカレーライター飯塚敦さん、全国のカレーを楽しむ会 」
という催し。
自分の名前を冠されるイベント、くすぐったいものですね。
要するにカレー、それもレトルトカレーを真ん中に据えてのイベントです。20分を頂いていました。短い!(笑)いやいや、しゃべりすぎの感があるボクなんですよね。なのでこれくらいでちょうどいい。何とか楽しい雰囲気になり、来場者の皆さんも興味深く僕の話しを聞いてくださってほっとしました。
パルズはECサイト、オンラインショップもやっていて業者さんへの卸だけではなく一般への小売り通販もやってます。今回は大人気の「とりもとカレー」や「ほやカレー」「牡蠣カレー」なんていう三陸のもの、そしてパルズの扱いではないんですが、ボクがイチオシのインドの味を来場者の皆さんにも試してもらいたくて「にしき食品」さんにご協力を依頼。にしきやのインド料理シリーズを提供いただき、その面白さやインド料理の楽しみ、レトルトカレーが手抜きや楽するためのものではない、もはやレトルトカレーはごちそうの域に達している、なんていう価値観をお話ししました。
今回テーブルに上がったカレーはこんな感じ。
*とりもも一本カレー(パルズ)
*三陸復興 牡蠣カレー(パルズ)
*三陸復興 ほやカレー(パルズ)
*バターチキン(にしきや)
*ラッサム(にしきや)
*パラックパニール(にしきや)
*ケララフィッシュ(にしきや)
*阿蘇黒豚ドライカレー
合わせたごはんはカレー関係に詳しい人はご存知の日本で栽培された長粒米のバスマティ「プリンセスサリー」を使用。インド産のものなど普段よく食べるのでその差や比較もおもしろかったですねえ。
カレー以外に料理もテンペだったり阿蘇黒豚メンチカツだったり興味深いもの、おいしいものがたくさん。
アジアと中東のワインも集められました。タイ、ベトナム、インドという中央~南アジアのものからトルコ、イスラエル、レバノンなどの中東ワインまで幅が広かった。上出来のものが多くて目から鱗ですねえ。レベルが高いです。
デザートは、熊本の高校生のアイデアから商品化された「全力青春!!もちベーション」という一見プリンやムース風のものが登場。イチゴソースと餅系のとろり、もちもちの不思議な食感がおもしろかったですよ。
オンラインショップにもちょっと試食なんかのインタビューをもらってるんですよ。
そちらもご覧くださいませね。
http://e-pars.com/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
たべあるきオールスターズ「食べあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
tumblr あります。わりと日々の事がまとまってます。
http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」
http://hapi3s.blogspot.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.