画像: カレーですよ2296(千葉四街道 アリアンレストラン)中東料理と思いきや。

カレーですよ2296(千葉四街道 アリアンレストラン)中東料理と思いきや。

千葉方面、なんとなく見所ないよなあ、と思い込んでいたのです。あくまで自分の中の見所、なんですけどね。
カレーですよ。
山梨、、群馬、長野なんかはリゾート文化と言うか、避暑地があり高原がありで、そういうところにはカレーもある。けっこうおもしろいカレーを発見する事が多くて、何度も通って慣れた道行きでもあるしそっち方面にばかり行っていました。
千葉、茨城方面。実は掘りがいのある場所だと改めて最近知りましたよ。
面白いんですよね、千葉。
近隣だと浦安、東西線界隈。子供の頃は町というより「海辺」という認識でしたが今や立派な住宅地。面白いお店もぽつぽつ増えてきていて、アジアの外国人が住んでいる場所も少なくありません。京葉線沿線だと新しすぎて大資本しか入っておらず町に深みとか魅力がない場所がまだまだ多いですが、東西線沿線はちょっと面白い。
京成電車沿いは古いお店も多いですし、少し遠出すれば四街道、八街あたりはちょいと面白い店が点在します。
この日は千葉四街道で、ちょっと変わり種の、
「アリアンレストラン」
にやってきました。
ジャンルで言えば中東料理メインのハラールレストランです。
中東料理と言えばフムスとかムサカ、ファラフェルとかピラウ、ケバブ、ハリース(ハリム)とかね。ああいう感じを思い出すんですが、インド料理も出していて、ランチタイム、インドカレーはブッフェで用意されるのです。そういう店でカレー。ちょっと面白そうでしょう?
お昼時。なんだか人があるいていないし、駅から少し離れるとがらんとした町だな、という印象があります。
お店にはいってみるとおやおや、そんな町にどこからやってきたのか中東の人と思われるお客さんが数組食事をしています。いつも通り、ボクの選ぶアジアエスニックのお店ですので日本人の影はありません。
お店は赤っぽい内装で小上がり的な席もあり、7~8テーブルが用意されます。小上がり席、イラン人とか中東の人好きなんじゃないかしら。伝統的なスタイルはフラットな場所に座る感じだった記憶があります。
この日はカレー2種、豆スープ1種にサフランライス、ピラウかなあ、ビリヤニかなあ、そういうごはんとサラダにスープが用意されていました。サラダとスープはブッフェにはなく、テーブルに運んでくれました。きっといえば追加ももらえるんじゃないかしら。ナーンも一枚、出てきます。
カレー、これがなかなか出色の出来なんですわ。トマトベースのチキンコフタかな、これは。酸っぱめで爽やかな仕上がりがよいです。コフタなのか、キョフタなのかクフテなのか。そういうのを考えながら食べるのも楽しいものです。
マトンのサーグは素晴らしい仕上がり。ちょいと油多めで、それが効果的に効いている感じでいいんです。こちらも酸っぱめ仕上げで、コク深く大変おいしい。うーん、いいね。サーグがペーストではなく細かめのチャンクなのが好みに合います。
もうひとつ。カレーと呼ぶ人もいるかもしれませんが、豆スープだな、とボクは思いましたよ。キドニー豆の強い旨味とスパイス控えめのバランスという仕上がり。これ、いわゆるダールですね。インド周辺国料理でもダールってカレー的なものなのとはちょっとニュアンスが異なるものを指すことも多い気がします。やっぱり豆スープだよね。
スープは細かくみじんにした具材がいっぱい入っています。チキンスープで塩胡椒で野菜とチキンを細かいみじんにきざんだものが入ってるってこれ、これもイエメンあたりにありそうな料理。
ごはんは長粒米。2種ある片方はサフランで色をつけたライス。これはカレーと合わせるやつだね。それにチキンビリヤニが用意されています。おおっ!いいね、すごいね。そしてこれまた旨いんです。こりゃ上出来だなあ。
〆はお茶。「セットのドリンクどうする?」と聞かれてホットティーを頼んだんだけど、食事の最後に出てきたお茶は驚きのデカポットになみなみと。
いやこりゃあこのポットのお茶で1時間ゆっくり出来るくらいのたっぷりかげん。そしてやっぱり、のミルクティーではないストレートティー。予想通りのターキッシュスタイル、もしくはそれに準ずるものなわけですよ。
紅茶、おいしい。
テーブルには広口の大きなシュガーポットに今時ではあまり見かけない角砂糖がこんもり。こういうのも中東的に感じます。お茶、ゆっくり飲んできな、という感じが嬉しいね。サラダのドレッシングやスープなどにもその影響が色濃く楽しかった。
ディナーメニューでおじゃましてトルコやイスラエルなどの料理を食べたいねえ。
Muslim & Ḥar?lの世界、です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
ご連絡、お問い合わせ、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
たべあるきオールスターズ「たべあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
tumblr あります。わりと日々の事がまとまってます。
http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」
http://hapi3s.blogspot.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.