画像: 銀座有機野菜のイタリアン『ギンサイ(Ginsai)』

銀座有機野菜のイタリアン『ギンサイ(Ginsai)』

どうも!
女子会ばかりしている姫です。
今回ご紹介するのは、
銀座で野菜をウリにしたイタリアン『ギンサイ(Ginsai)』です。
店名の由来が想像できますね♪
トゥ
外観
場所は、銀座の外堀通りに面したビルの地下にあります。
聞くところによると
TBS系列貫地谷しほりさん主演『女くどき飯シーズン2』の
第1話の舞台として使用されたお店のようです。
店内は、テーブル席と奥に個室が1室あります。
名幹事さんおかげでなのか我々が賑やかだからか個室に通されました。w。
ラ ロスカ カヴァ ブリュット
まずは、乾杯♪
ジメジメした陽気をすっきりさせてくれる
キレのある辛口のスパークリングワインでした。
お料理は、『女くどき飯』を記念したコースをいただきました。
15種の緑黄色野菜 ローズヒップのサラダ
千葉の有機レタスやアイスプラント、
埼玉の黄人参、パープルキャロット、蓮芋、紅芯大根、
そして野菜ソムリエ大会優勝 日本一のパプリカといった
選りすぐりの野菜を
薫製塩、イタリアの炭塩、ローズヒップドレッシングにつけていただきました。
こちらで食材へのこだわりの一つは、有機野菜です!
国内の農家さんから直産で有機野菜を仕入れているそうです。
食事のスタートから野菜をふんだんに摂取できるから、
女子ウケ良いですね!
ロベティア
スペインのオーガニックワインを選びました。
さっぱりしたサラダに合うほろ苦い白ワインでした。
名物 テリーヌ5種盛り合わせ
鉄分とビタミンを摂取できる美容に良さそうな「レバーパテと有機berryのテリーヌ」、
アンチエイジングに良さそうな組み合わせ「インカの目覚めとお江戸穴子と蓮根テリーヌ」、
茸の風味が印象的な「岡山のマッシュルーム、新潟の茸、生ハムのテリーヌ」、
粒マスタードでいただく「自家製パテドカンパ-ニュ」、
野菜の美しさが光る「スモークサーモンと旬の野菜のテリーヌ」
といった内容でした。
それぞれ栄養バランスや味の構成を考え盛り付けるの大変そうですよね。。
一口一口を大切にいただきました.
飴色にソテーした玉ねぎのフラン コンソメドューブル
茶碗蒸しのようななめらかなフランにコクのあるコンソメスープをかけてくださいます。
進化系コンソメスープといったところでしょうか!?
演出として深い味わいに感動しました。
仏産鴨とフォアグラのロースト
鴨胸肉をロゼ(ほんのり紅い状態)に仕上げ、
コクとほのかな甘みのあるポルトソースでいただきました。
フォアグラは意外としっかり火が入っていて、
鴨肉の個性に負けないテイストでした。
シーフードクリームリゾット ラクレットチーズかけ
ラクレットチーズをテーブルの上の専用の機械でとかし、サーブしてくださいました。
パルミジャーノレッジャーノチーズをくりぬいてリゾットを作るタイプも好きですが、
ラクレット特有のねばりを活かしたリゾットもお米にからみ味つけになるので名案だと思いました。
レタンヌ オクシタン メルロー
お肉やリゾットの流れで赤ワインいただきました。
熟した感じのワインだから、マッチしやすかったです。
Ginsai 名物 日本一のパプリカで作った銀菜ロール
フルーツやアイスと一緒に再び、あの日本一のパプリカが登場!
パプリカのペーストとクリームをロールケーキにぬってます。
野菜を使うスイーツの中でも食べやすく蜂蜜の甘味も好印象でした。
集合写真
ご一緒した皆様と♪
個室でゆっくりとお食事を楽しむことができました。
銀座にて 野菜にはまる イタリアン ~姫心の俳句より~
『ギンサイ』オフィシャルホームページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.