画像: 「世界料理学会 in ARITA」での熱き思い /有田焼 創業400年

「世界料理学会 in ARITA」での熱き思い /有田焼 創業400年

学び多く、熱い3日間に感謝!2016年5月2.3.4 有田市にて「世界料理学会in ARITA」が開催、世界・日本全国からシェフが集結し講演プログラムとバルが開催されました→http://wcam-arita.jp/?p=323この学会は「世界料理学会 in HAKODATE」からの継承で、国内で地方発二つめの料理学会。今年は有田焼が創業400年。佐賀県産業労働部 有田焼創業400年事業推進グループの皆様の企画です学会主旨は、料理や食の向上、人々や地域交流など多岐に広がる↓プログラム↓超豪華なスターシェフ 総合ディレクターは六雁/秋山能久シェフ●Spekers(講演)シェフ(敬称略) アンドニ・ルイス・アドゥリス/スペインMUGAITZ、山本征治 (龍吟)、植木将仁 ( Restaurant MASA UEKI)高澤義明 (TAKAZAWA)、川手寛康 (フロリレージュ)、長谷川在佑 (傳)、植村良輔 (植むら)、小岸明寛 (オーグードゥジュール・メルヴェイユ 博多)、梶原大輔( souRce)●トークセッション「フランスのトレンドとARITAの可能性」(敬称略)須賀洋介(SUGALABO)、佐藤伸一/パリ「パッサージュ53」、吉武広樹/パリ「Sola」●バル出店のシェフ(敬称略)秋元 さくら(モルソー)、秋山能久(六雁)、石井 誠(ル・ミュゼ)植木将仁(Restaurant MASA UEKI)、笠原 将弘(賛否両論)、古賀 淳二(シェ・イノ)、小岸明寛(オーグードゥジュール・メルヴェイユ 博多)、斎藤毅(パティスリーSTOVE)、佐藤 伸一(Passage53)、清水将(アニス)、高沢義明(TAKAZAWA)、高田祐介(La Cime)高良康之(銀座レカン)、武田健志(Liberte a table de TAKEDA)、田村亮介(麻布長江 香福筵)、生井祐介(シックプッテートル、山田チカラ(山田チカラ)、山本征治龍吟、横江 直樹/ラパルタメント ディ ナオキ、横須賀 雅明/Restaurant Miya-Vie バルは連日大盛況で、調理師学校生徒さんも多勢お手伝いお値打ちすぎるバルメニュー。どれもおいしくお店でもまた食べたい生産者さんとの連携も。尾崎牛の尾崎さんや、精肉卸商社経営もされている大矢さん会場横ではお世話になっているJAさんのブースも。私も応援♪有田焼窯元さんとのコラボも展開有田焼窯元×スターシェフのコラボは2パターン。料理人さんから窯元さんへの挑戦「この料理に合うお皿を」。現物のお皿は ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.