画像: 貝専門居酒屋 焼貝あこや@恵比寿

貝専門居酒屋 焼貝あこや@恵比寿

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日、恵比寿で予約至難の貝料理専門店に行ってきました。
トゥ
外観
お店の場所は、恵比寿西口ロータリーの奥にあります。
貝好きの姫が何度か電話していつもタイミング悪く満席だった『焼貝あこや』に、
ようやく行けることができました♪
レモンサワー
まずは、スッキリとしたサワーで乾杯♪
恵比寿で1杯500円で飲めるなら、適正価格ですね♪
貝を食べるから、合わせやすそうだと安易な考えで選びました。
お通しは、貝が入った卯の花でした。
お出汁が利いていてお酒のいいおつまみになりました。
おまかせ活貝盛り合せ 活貝3品
お店の方からゴリ押しされたので、頼みました。
たいら貝、白ミル貝、青柳です。
仕入れは全国から目利きした貝の中からその日のおすすめをいただけます。
甘味があるたいら貝、
こりっとした歯ごたえのミル貝、
しっとりした青柳でした。
おまかせ焼貝盛り合せ 活貝3品
大アサリの生海苔焼き、赤西貝の壺焼き、白貝です。
居酒屋さんで貝盛りとかあったとしても
こんなマニアックな3種はなかなかないでしょう。
しかもそれぞれの特長を活かして味付けを変えていることに驚きました。
福島 天明 初夏の生セメ ハーフ
貝にコクをと日本酒を嗜みました。
日本酒の種類は、25種類位あり、
ハーフサイズで500円からあるので、
おちょこでちょっとずつ味わうことができました。
牡蠣 厚岸
「何もつけなくても十分味がある牡蠣ですので。」と、
レモンもなければ、ポン酢のない生牡蠣をいただきました。
食べたら、「確かに!」と思える程、
濃厚な味わいでした。
貝のとろろネギ焼 チヂミ風
韓国のチヂミとは違って、
貝と出汁の相乗的な旨味を感じるチヂミでした。
表面のカリッと、中心はふわふわの食感を愉しめました。
この日は他のお店もはしごしなければならなくて
〆に頼みたかった釜飯をあきらめました( ゚Д゚)
目と舌で貝の勉強ができる良いお店でした。
恵比寿にて 貝が主役の ええ店や ~姫心の俳句より~
▼店舗情報▼
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-4-4
TEL:03-6451-2467

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.