画像: カレーなしよ(名古屋大須 ソロピッツァナポレターナ)世界一のナポリピッツァ。名古屋出張7

カレーなしよ(名古屋大須 ソロピッツァナポレターナ)世界一のナポリピッツァ。名古屋出張7

そんなこんなで名古屋を出るまえにひとっ風呂浴びようと大須までやって来ました。
大須の商店街に銭湯があるのを記憶してたんですよね。昔は毎月大阪とか名古屋の出張がある仕事をしていてわりと名古屋に土地勘があります。大須の観音様界隈の雰囲気は昔からとても好きなんですよね。東京もんにいわせると、浅草と秋葉原、御徒町界隈のいいところがミックスされたような気分とでもいいましょうか。好きな場所です。
「東京カリ~番外地『名古屋』場所」を錦三あたりで終え、三越でカレーを食べて。そのあとちょいと地下街でうろうろしてから地下鉄に乗りました。クルマは千種においてあったので2つ先の駅へ。
それでどうしようかなあ、このままこの駐車場から近い銭湯にあるいていくかなあ、とも思ったんです。でもね、なんか大須で銭湯、というのがやってみたくってね。
いいお湯だったなあ。ちゃんと熱めのお湯で下町の生まれのボクにはとてもうれしい温度です。
からだをのばして、汗をながして。ああ!気持ちがいい。ゆるまるなあ。きょうはもうそんなに遠くまで走らずに適当なところで眠くなったらクルマを止めよう、と決めて。
それで風呂を出ると、あららいいお店が。そうだった、ここだった。
こりゃあもう寄らない手はないねえ。
名古屋大須に本店を構える世界一のナポリピッツァ職人、牧島シェフがオーナーを務めるピッツェリア。
「ソロピッツァナポレターナ」
ここは数ある日本のピッツェリアでも特別のお店です。本物のナポリピッツァ世界一のタイトルホールダーであるピッツァ職人、牧島さんのお店。去年の秋にメーテレのお仕事でテレビのロケがあったんですが、たべあるキングチームでここを訪れました。たべあるキングのナポリピッツァ担当、jaffaさんのお導きだわ。
メニューはシンプルにして基本の「マリナーラ」が350円からという驚き価格!!でもここはやっぱり水牛のモッツァレラを使用の
「マルゲリータエクストラ」
いきましょう。クルマなのでジンジャーエールなのが少しさみしい(笑)
ピッツァ、うまい!うまいなあ。なんというのでしょうか、食べていて飽きない、おなかにキツくならない。よい食材を使ってシンプルに力強く作ったものってジャンル問わずに同じ感想、感覚がやって来ます。ここのマルゲリータエクストラにもそれを感じます。
このお店、いいねえ、と思っているのがシンプルなほぼピッツァのみというメニュー構成。まるでファストフードのお店を使うように気軽にすーっとはいってひとりでもピッツァを楽しめるのです。そういうの、好きだなあ。お話を聞いたらサイズもそういう風に楽しめるように一人で満足、一人でちょうどいいサイズを考えているみたい。いろいろとシャレてるなあ、と思います。
となりにはちゃんとピッツァとそれ以外の料理も楽しめるトラットリア「チェザリ」があるので抜かりがないのです。そしてそれを共に率いているのが2010年度ピッツァナポレターナS.T.G.世界第1位にして世界最優秀ピッツァ職人の牧島シェフ。なのにお手軽なお値段、と、もういう事がない。
釜番には女性のピッツァ職人さんが立っていてボクのピッツァを美しく焼き上げてくれました。セルフスタイルなので窯の横で職人さんの手先を眺めながら自分のピッツァが焼き上がるのを待つわけで、これがまた楽しい。
あとで彼女が席に来てくれたので少しおしゃべりをしたり、jaffaさんにメッセンジャーで「いまソロピッツァナポレターナだよー」なんて送ってみたり。楽しい夜になりました。
さて、少し走って今夜の寝床を作りましょう。
そうだなあ、明日は木曽のほうへ行ってみようかなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2016/1/1、著書「カレーの本」が刊行されました。
カレーの本 (SAKURA・MOOK 69) / Amazonのリンク
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
たべあるきオールスターズ「たべあるキング」に参加しています。
http://www.tabearuking.com
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
tumblr あります。わりと日々の事がまとまってます。
http://hapi3.tumblr.com
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
もうひとつのブログ「いつもんログ」
http://hapi3s.blogspot.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.