画像: しのはら(滋賀県)

しのはら(滋賀県)

フォーリンデブ、はっしーという男をご存知か?
肉をはじめ、あらゆるグルメに精通する。
何がいいって、その食べっぷりがいい。
彼が食べると、ひときわ美味しそうに見える。
肉のオンザライス。
誰もが美味しいことを知っている。
タレのついた餃子をライスにバウンドさせて、熱々の餃子を一口いき、
餃子のタレがしたたったコメで餃子を追いかける。
焼けた肉の焦げとテリと肉汁、
割ったコロッケから出る湯気。
これを見て、生唾を飲まない人はいない。
これが業界用語でいう「シズル感がある」というやつだ。
テレビも雑誌も、シズルを大切にする。
シズルがないと、見てもらえない。
茂木先生が言っていた。
シズルがあると、ヨダレが出てつい見てしまうのは、
心理学の「ミラーリング効果」らしい。
世にグルメレポーターは数あれど、
今、最も注目の、シズル感ある食べ方をするのが、
この男だと僕は勝手に思っている。
デブという見た目も、シズルに一役買っている。
もし彼がガリガリだったら美味そうではないだろう。
フォーリン・ガリじゃ、ダメ(笑)。
思えば石塚さんもマツコさんも彦摩呂さんも内山くんも、
美味しそうに食べる人はみな太っている。
食べたときの美味そうな笑顔は、
つねに太ることを恐れず食べてる証、幸せの顔だ。
そして、大事なのは、はっしーが、ただ肉やコメが好きで、
ハイカロリーなものばかりを食べてるわけではないというところ。
そのアンテナは実に敏感。
B級グルメから、高級感のある和食に至るまで広く精通している。
そんな彼、はっしーと僕は、「たべあるキング」というブロガーたちのプロジェクトで、
色々ご一緒させてもらっているのだが、
彼が「日本で一番の和食」という店が滋賀県にあるというので、
その貴重な席に同行させてもらった。
滋賀県。
琵琶湖の南東、草津線というローカル線の、
三雲駅から、タクシーで15分ほど移動した、
実に辺鄙な場所にある。
一戸建て。
普通の和風な民家なのだが、
玄関を開けると、鎧兜を横に見ながら、
鉄板のあるカウンターに通される。
我々5席でいっぱいのこじんまり空間。
だがそこを、しのはら劇場のように、あらゆる料理と
パフォーマンスで我々を楽しませてくれる。
アワビと、ウニソースの茶そばでいきなり掴まれる。
ウニは下北半島のもの。
かすごと卵のお椀で、ほっこり落ち着かせ、
鯉と鮎という、琵琶湖ならではの食材で、独特な世界観に
引き込んでいく。
鯉の歯ごたえは、今までに感じたことのない食感。
近江牛とフグの白子あんかけ。
トリガイがすごい。
通常トリガイは、先の薄い部分を鮨屋などでいただくが、
ここは、見たことのない親指大の太さで出てくる。
聞けばこれ、通常使わないワタの部分。
ここをあえて残し、それでいて泥臭さを微塵も感じさせないのは、
ご主人の腕なのだと思う。
さらに衝撃は続く。
フォアグラとパッションフルーツを合わせる。
笹の葉鮨のもち米で胃を満足させたかと思うと、
すかさず、いい感じで焼けた猪と、花山椒の甘酢漬け(写真)。
これが、目がさめるような美味さ。
花山椒というのは、
京都の割烹などでは定番のこの時期(4~5月)ならではの素材。
記憶に残るこの香りとビリビリ痺れる感じは、
食通の間で、「合法麻薬」(笑)と言われるほど、病みつきになる。
これが野山をかけぬけた猪の肉と、実に合う。
野生の猪と、その山で育った山椒は、鴨葱を超える相性だ。
料理人は、素材と会話し、そのポテンシャルを最大限に引き出すのが
仕事だという。
だとしたらこのご主人は、すごく丁寧な会話をし、
けして気取らず、素朴に、そしておしゃれに、最大限に引き出しながら、
皿の上で、また口の中で料理を完成させてくれる人だと思う。
東京から地方へ、遠路はるばる行くべきご飯屋さんが
果たして、日本に何軒あるのだろう。
この店は、その価値のある一軒だと感じながら、ギリギリで東京へ向かう新幹線の最終に、
なんとか間に合ったのだった。
デートはもちろん、接待や親孝行におすすめ。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.