画像: 2016晩春の京都(1)今回の甘いもん「NITI」「ZENCAFE」「なかじん」「緑菴」

2016晩春の京都(1)今回の甘いもん「NITI」「ZENCAFE」「なかじん」「緑菴」

大好きな松屋藤兵衛さんの通ひ路。いつも紫野松風ばかり買って帰っていたので、久々にいただきましたが、本当にこの味わいは京都、それもこちらでないと出せへん味やと思います。うっとりしながら食べていたら、大徳寺納豆を食べつけないオットは、そんなに美味しい?と。
ふふ、ええのええの、わからんでよろし。
さて、弾丸京都のスターターはNITIさん、新生姜の氷でした。
運良く座れても、また空いていたとしてもかなり料理に時間がかかるので余裕をもって。
お昼はひろみさんと少しご無沙汰のなかじんさん。お値打ちなここだけのお料理を堪能したのですが、あえて今回クローズアップしたいのはデザートのあんみつ!
そのへんの甘味屋が尻尾を巻いて逃げ出す美味しさ。寒天の透明感がまったく違います。モナカのアイスも甲乙つけがたいけれど。
お初のイタリアン、ビーニは鹿ヶ谷。となれば行かずに済ますことなどできるわけなし、緑菴さん!
桜餅だけは今夜中に食べないといけませんが、ほかは明日でも平気ですよとゆるい感じもありがたいです。日持ちするものなら、麩焼煎餅のみどりをどうぞ。
翌朝は朝市の後、開店直後にZENCAFEへ。鍵善良房さんのカフェですね。
カウンターは前回座ったので、お願いして奥のテーブル席へ。混んできたら移りますし、とひとりにはもったいない個室感覚の空間を独り占め!
その手前にこんなひとり席があることも知りました。
暑い日だったので、セットのお茶には冷たいお煎茶を、出来ましたら、少し濃いめに淹れてくださいましたら嬉しいですと。。。
ひととき貸切にもなったくらい、まだ混み合う前でしたからわがままも聞いてくださいました。本当は、このくらい静かでおちついた感じが理想なんですって。。。ええ、わかります。
こちらは昨年5月カウンターに座ったときの写真。
友人の頼んだお菓子のセット。
フレッシュジュースとフルーツサンド。大変上質なフルーツが使われていますが、サンドイッチは生クリームが濃厚すぎてわたし好みではありませんでした。
フルーツサンドはやはりヤオイソかな❤︎
今回の甘いもん、他にも定番の麩嘉さんの麩饅頭やら、タカシマヤで買った生菓子などいくつか楽しみました。でも錦では京都の恥では?とさえ思う店に出会ってしまいました。老舗風の店構えなのにだまされました。。。くわばらくわばら(~_~;)

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.