画像: 激辛のたこ焼きが話題の居酒屋『壺心(こしん)』@大阪

激辛のたこ焼きが話題の居酒屋『壺心(こしん)』@大阪

どうも!
激辛マニアの姫です。
大阪出張の時に以前から気になっていたお店に行ってきました。
トゥ
壺心(こしん)外観
最寄り駅は、地下鉄堺筋線・千日線、近鉄日本橋駅です。
つんと わさび
こちらで名物のたこ焼きを食べようと思っていたので、
お店一押しの40種類程(ハブ酒、牛乳、珈琲、ごぼう、カカオ、紅茶等)ある焼酎メニューの中から、
わさびの焼酎を選びました。
ロックでわさびの香りを楽しみつつ
この後辛い食べ物をいただくのに、早速ピリッと刺激的でした♪
マグロ三種盛(ホホ、脳天、ヒレ身)
こちらの名物は、たこ焼きだけでなく、
マグロにも力を入れているそうです。
黒門市場で解体された本マグロの希少部位をいただきました。
新鮮で口のとろけ具合にハマりました!
たこ焼きの種類は、
壺心特製たこ焼、たこ焼カレーあんかけ風、たこ焼ピザ風味、たこ焼チリソース、
ねぎ焼き風たこ焼、ニラにんにく味たこ焼、
激辛たこ焼、極辛たこ焼、季節(旬)入りたこ焼きがありました。
壺心特製たこ焼
まずは、オーソドックスな“壺心特製たこ焼”をチョイス!
オーダーを受けてから作るので、熱々です♪
外はカリカリ、中はチーズが入っているかのようにトロトロ、
そして蛸の弾力まで楽しめます。
ソースを表面にぬらず、出汁につけるところから
一見明石焼きのようにも見えますが、
玉子を使う黄色い明石焼きとは違って
たこ焼きの粉に鶏ガラをじっくり煮込んだスープで溶いているので、
独特の旨味とコクがありました。
姫と極辛たこ焼
激辛マニアの姫にでさ、
お店の方が、「極辛は本当に辛過ぎるから激辛の方が良いですよ。」と止められました(笑)
テレビでタレントさんが食べてすごいリアクションだったそうです。
でも、“壺心特製たこ焼”でお店の美味しさが確かなことはわかったので、
トライすることにしてみました。
一応証拠写真で姫と極辛たこ焼を撮っておきました。w。
それにしても、見るからに赤いですよね~。
生地を流し込むたこ焼き器は、普通のと辛いのだけ専用の分けてないと、
普通の方の味に影響してしまうんですって。それほど、辛いってことですね!
この赤さの正体は、一味唐辛子を大量に入れていて
さらに豆板醤やハバネロペーストを入れているそうです。
具は蛸がもちろん入っていて、キムチも入っていました。
焼きたてだからはふはふ言いながらしかも刺激的なたこ焼なので、苦戦します。
生地が辛いからキムチが逆に甘く感じるなんて、冷静な分析をしながら、全部一人で完食しました♪
お店の方が“激辛たこ焼”の方をお勧めしていた理由がわかります。
姫くらい辛いのが大丈夫な人でないと辛すぎて味がわからないと思うので。。
店員さんが、「次回はもっと辛いの作ります☆」と目を輝かせてましたが、
この以上辛いとさすがに具の味がわからなくなるでしょうし、香辛料って原価が高いから
今のままの味を大切にしてほしいことを言いました(^^)
他にも壁一面に気になるメニュ-が貼ってあったのですが、
次の予定に間に合わなくなりそうなので追加注文をあきらめました。
また、お邪魔したいです♪
大阪で たこ焼きまでも 辛め好き ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.