画像: 鮨さいとうワイン会feat.Shun

鮨さいとうワイン会feat.Shun

こんにちは。火曜日。いいお天気になりましたね。夜はワインスクールの授業もあるし、今日も一日頑張りたいと思います^^ さて、週末は六本木一丁目の『鮨さいとう』さんでワイン会を開催させていただきました。気鋭の愛弟子 橋場俊治くんのデビューにあたり......彼が握るお寿司と厳選ワインを楽しもう!という企画です。まずはシャンパーニュ。2002年限定で仕込んだコラール・ピカールの限定キュヴェ、アルシーヴで乾杯です。 こちら、エチケットが布でできていて、すべて刺繍が施されています。造り手にとってもこだわりの逸品ということが伝わってきますね。味わいは、シャルドネ主体ながら非常に深みがあり、長時間熟成がもたらす芳醇さと洗練されたミネラル感にあふれています。お次は日本が世界に誇る キュヴェ三澤 明野甲州を。 こちら、日照量日本一といわれる明野の恵まれた畑で、高うね式の垣根仕立で育った甲州を、補糖も補酸も行わずに、甲州らしいパワーと繊細さを絶妙なバランスで引き出して造った、グレイスのフラッグシップワイン。日本ワインではじめてDecanterのアワードで金賞を受賞したことでも注目されている、日本が世界にほこる甲州ワインなんです。味わいは美しく清らかで繊細ながらも厚みと複雑味があり......熟成ポテンシャルまでもしっかりと感じさせてくれました。そのあとはブルゴーニュワインを。 白は、ルイ・ラトゥールとマルトレイのコルトン・シャルルマーニュを比較試飲。いずれもこのAOCを代表する造り手ですが、味わいや香りはやはりそれぞれ個性が生まれています。とはいえ、コルトン・シャルルマーニュならではの凛とした美しいミネラルのニュアンスは共通して感 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.