画像: 『Italian Kitchen VANSAN(ヴァンサン)三軒茶屋店』4月21日よりOPEN

『Italian Kitchen VANSAN(ヴァンサン)三軒茶屋店』4月21日よりOPEN

どうも!
最近新店ラッシュの取材が多い姫です。
昨日は、4月21日からOPENする
『Italian Kitchen VANSAN(ヴァンサン)三軒茶屋店』のプレスに行ってきました。
トゥ
外観
こちらは、生ハム盛り放題のランチパスタがメディアで話題の『ビオディナミ』と
同じグループ店舗です。
メニューはほぼ同じで、
鷺沼と祖師ヶ谷大蔵などにある『Italian Kitchen VANSAN(ヴァンサン)』は、
デートや女子会やお仲間との会食はもちろん
ファミリー層もをターゲットにしてます。
奥の内観
このように広々した店内で、お食事を楽しむことができます。
伊達ノ軍用御用酒 特別純米 戦勝政宗
他店同様お店のコンセプトに合うビオワインのリストもありましたが、
この店舗から日本酒も扱うようになったので、
乾杯から早速頼んでみました。
お水のごとくたっぷり入っているこちらは、仙台産一等ひとめぼれを使用した
宮城の日本酒です。
発酵技術が活かれてて、お料理に合わせやすい飲み口でした。
お通し
名物の生ハムを早速いただきました。
日本酒のおつまみになりました♪
王様のチップス
無農薬ケールにオリーブオイルをかけて低温で焼き上げているそうです。
ケールは生でも好きですが、このパリパリな食感もはまります。
スーパーフードカルパッチョ
脂の乗ったハラスに美と食の業界で注目されているスーパーフードがかかってました。
この一皿だけでなく、スーパーフードがメニューの何ページに渡って色々使われていました。
それほど、美と健康のことを考慮したお店なのです。
GOZENSHU9NINE
日本最古の清酒製法「菩提もと」づくりを採用した岡山の日本酒でした。
ハラスに合わせて嗜みました。
生牡蠣
かき☆ガールの姫には嬉しい一皿!
ノロウイルスフリー加工してある安心安全な牡蠣をいただきました。
フレンチフライボルケーノ
ここで言う、ボルケーノは、激辛の愛称♪
LAで流行りの激辛なシラチャソースが添えられてます。
激辛が苦手な方も同席していたので、上からかけるのではなく、
マヨネーズと一緒に添えられてました。
プリンセストマトとキヌアのアヒージョ
ワタクシ姫だけに、プリンセスっていう響きが良くて選びました。
糖度8度以上のトマトと粒々のスーパーフード“キヌア”を
オイルで熱したアヒージョでした。
アヒージョと言えば、茸や海老のが多い中、珍しいです!
トマトが小籠包のスープのように熱い汁が出てくるので注意しながらいただきました。
酸味がまるくなっていて、マイルドな味でした。
国産若鶏のローストチキン
490円で1Pからオーダーできる手に届きやすいチキンです。
食べやすいように持ち手にアルミ箔がついているところに
食べ手へのホスピタリティを感じます。
しっとりしたお肉に仕上がっていて
幻のサルシッチャ
鷺沼店にはなく、ビオディナミ飯田橋店に行った際にサルシッチャを食べたら
美味しかったので、こちらでも頼んでみました♪
鹿児島産くろがねポークと幻の豚奄美大島産のKAZUGOROの
生サルシッチャでした。
パリッと歯ごたえを楽んだ後、お肉の旨味をしっかり味わえました。
イベリコスペアリブ
骨付きで豪快な豚肉です♪
特製のタレがお肉にしっかり浸み込んだお肉でした。
しらすとししとうのペペロンチーノ
ストップを言うまで盛られる名物パスタです。
にんにくの風味としらすの塩気が合うんですよね!
5人で食べたから、しらすを食べた量いただけました♪
ビスマルク
ピザ生地の上にイベリコ豚と茸と半熟卵が乗ってました。
薄めの生地だから、ぺろっと食べられました。
クレミアプリン
最高級のクレミアソフトを溶かし込んでプリンにし、
上からさらにソフトクリームを乗せた
Wクレミアスイーツです。
この濃厚な味となめらかな舌触りが好きです。
最高級フレンチトースト
アパレイユをしっかり浸み込ませたフレンチトーストは、
ふわふわでベストな状態でした。
味も今まで他の店舗で食べたものよりグレードアップしていました。
実は、オーガニックココナッツバターを加えて改良されたようです。
また、クレミアアイスまで添えられていて、
フレンチトーストの高級なソースの役割を果たしてました。
クレミアソフトは、これだけでは終わりません(笑)
クレミアアップルパイも人気がありました。
記念写真
お店を応援しているグルメなメディアの方がたくさん集まってました。
モデルさんらしき方もいらしていて、
メニューからしてそういう方にも喜ばれそうなお店だと思いました。
三軒茶屋 ヘルシープラス クレミア感 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.