画像: 山口県高森牛を使った『お肉屋けいすけ三男坊』5月9日よりグランドオープン@広尾

山口県高森牛を使った『お肉屋けいすけ三男坊』5月9日よりグランドオープン@広尾

どうも!
広尾ウォーカーの姫です。
先日広尾商店街を歩いていたら、
新しくできた飲食店を見つけたので、
ふらっと入ってみました。
トゥ
お肉屋けいすけ三男坊 看板
広尾駅から広尾商店街沿いを右沿いに歩き、地下にあります。
オーナーのお名前は、けいすけさんで、本当に3男なんだそうです。
しかも「けいすけ」って名前の飲食店が多々あるので、
このような長い店名にしたんだとか。
5月9日よりグランドオープンで、
4月14日から5月8日まではプレオープンとしてお料理はコースのみで、コース料金が半額なんですって。
家にチラシが入っていたわけでもなければ、
ネットで調べたわけでもなく、
たまたま見つけたので、ラッキー!
トゥ
内観
ボックスシート型のパーテーションで、プライベート感を出す
地下なりの工夫があります。
奥には、個室が1室ありました。
この日はお子様連れのお客様が多かったです。
それほど、一家団欒しやすい雰囲気なのですね!
グラス 赤ワイン
店員さんからお肉が色々出てくると聞いたので、
乾杯から赤ワインを選んでみました。
飲みやすくて味わいでした。
お料理は、通常8000円のコースを半額でいただきました♪
高森和牛のソルトエイジングマリネ
自家製ポテトサラダ トリュフの香り
まずは、前菜です!
塩漬けした山口県の高森和牛の熟成フリットでした。
オーナーが高森和牛に惚れ込んで、現地で交渉した結果仕入れることができたそうです。
自家製ポテトサラダは、トリュフの香りで高級感があり、
れんこん5大産地の一つ岩国のレンコンチップスと食感のギャップを楽しめました。
タンユッケ
卵黄の甘味とお肉の旨味を楽しめました。
ナムルの盛り合わせ
塩と純粋ごま油で和えたナムルと岩国レンコンと特製キムチの盛り合わせでした。
一人前でさっぱりした色んな前菜を味わえてうれしいですね!
厚切り牛タン
テーブルに常設された無煙ヘルシーロースターで焼いてくださいました。
このロースターがすごいんです!
遠赤外線でじっくりお肉に火を入れられお肉や網は焦げづらく、
煙はでないメリットがあります。
しかも余計な脂が落ちていく分ヘルシーです。
『お肉屋けいすけ三男坊』という店名の通り、
焼肉というよりお肉に火を通す感じからお肉屋にしたんですって。
始めは、国産牛のタン元(画像は2人前)をいただきました。
塩ポン酢、レモン、醤油をお好みでつけていただきました。
このロースターのおかげで、分厚いお肉なのに中まで火が通っていながら柔らかさに感動しました。
むしろ、分厚いからこそ、ロースターの優秀さがわかりました。(姫はセールスマンではございません。w。)
ミノステーキ(2人前)
びろーんと一枚を焼いてからカットし
葱とピーナッツオイルで和えて提供してくださいました。
コリっと歯ごたえがあるミノをサラダ感覚でいただけました。
国産ハラミ(2人前)
もともとタレの旨味があって良いのですが、
粒マスタード、山葵、西洋ワサビ、柚子胡椒といった
味変もできました。
野菜のオーブン焼き
アスパラ、エリンギ、葱をいただきました。
お肉続きに一休憩できて、また次のお肉を食べる胃の準備が整いました!
高森和牛の極上塊焼き(2人前)
豪快ですこと!
高森牛は赤身でも霜降りが多い方に思えます。
でも、このロースターで焼かれたら、
霜降りの余分な脂が溶け落ちて、肉々しさが残ってました。(しつこいですが姫はセールスマンではございません。w。)
山葵に合うワイルドなテイストでした。
和牛すきしゃぶ
生でも食べられそうなみすじをさっと出汁にしゃぶしゃぶとくぐらせて
卵黄と割り下がブレンドされたタレにつけて
ご飯に巻いていただきました。
このみすじ、口の中ですっと溶けていくんです。
ご飯に合う高級TKGみたいでした。
〆の牛骨ラーメン
本格的だな白濁の牛骨スープだなと思っていたら、
実は、ここの系列店は横浜家系ラーメン『一刀家』なんだそうです。
『一刀家』は豚骨や醤油ラーメンですが、
こちらではそのラーメンのノウハウを活かし、こちらのコンセプトに合わせたラーメンを〆で出すことにしたんですって。
一見こってりしてそうですが、葱がたっぷり入っていて麺も〆として優しい量なので、
案外ぺろっと食べられました。
本日のデザート
白いのは、お店でわざわざ削ったスノーアイスです。
ほんのり甘くて食後にぴったりです。
上に乗っているのは、獺祭の酒糟ケーキでした。
高森和牛と同じ山口県に合わせて獺祭の酒糟のケーキを出しているとのことでした。
ならば、獺祭も嗜めば良かったな~と今更後悔するのでした。
また、コースが半額の時になるべく行きたいです♪
広尾にて 山口の食とロースターに 興味津々 ~姫心の俳句より~
お店のフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.