奈良県・大和高原で古くから栽培されている「大和茶」の抹茶ガトーショコラ

大和茶の起こりは806年(大同元年)に弘法大師空海が唐より持ち帰ったお茶の種子をこの地に播種したのが始まりと云われている。標高300~500メートルの大和高原は、朝晩の寒暖差が大きく、お茶の栽培には厳しい環境ゆえ、ゆっくりと成長しその分香高い良質なお茶が出来るのだとか。そんな大和茶の抹茶を使用したスイーツが「大和茶テリーヌ」だ。大和茶本来の風味、苦味や旨味をしっかりと出すために小麦粉を使わずに、ホワイトチョコレートと卵、バター、グラニュー糖、牛乳だけでつくる、いわゆる抹茶のガトーショコラなのである。

This article is a sponsored article by
''.