【食材探求プロジェクト】3月から始まった連載企画

今回は海外からの素材ですが、スイーツ番長が今注目している食材は「クプアス」。感度高い系女子たちには昨年後半からすでに話題になっているようですが、ポスト「アサイ―」と、次に来るスーパーフードとして飲食業界でも注目されています。「クプアス」はアマゾン流域で収穫される熱帯フルーツで、独特の香りと酸味がありビタミン群や鉄分が豊富で、ブラジルでは「神のフルーツ」とまで呼ばれています。 いったいどんな食べものなのか? クプアスそのものについてはGoogle先生におお訊ねすると(笑)

【外形】高木で10mの高さになり、枝はいくつもに分かれます。
【果実】幹に直接花を咲かせ、実をつけます。果実は球状か卵型で大きさは25cmにもなり、重さはおよそ1kgにもなります。果実は硬く、表面はなめらかで濃い茶色をしており、果肉は白色です。
【収穫時期】12月~5月

スイーツ番長がお伝えするのは、そんな「クプアス」を使ったスイーツ「クプアスのショートケーキ」

提供しているのは、学芸大学から徒歩5分ぐらい、駒沢通り沿いの吹き抜けのある開放的なダイニングカフェ「EMPORIO」。2Fはゆったり座れるソファー席、1FはワンちゃんOKとして地元の人たちからも愛されている人気のお店です。

さてさて、クプアスのショートケーキはどんな味? ネットではクプアスの実は「神秘の味」などと形容されていてさっぱりわからん(笑) !

画像1: スイーツ番長がお伝えするのは、そんな「クプアス」を使ったスイーツ「クプアスのショートケーキ」

スポンジとクリームにたっぷりクプアスを染み込ませたオリジナルショートケーキは、洋ナシのようなメロンのようなフルーツ特有のエステル臭感のある酸味!・・・今まで食べたことのないエキゾチックな味わいです。そこにバナナをサンド&トッピング。バナナとはとても相性が良く、単に甘いだけではないクセになる美味しさです。

画像2: スイーツ番長がお伝えするのは、そんな「クプアス」を使ったスイーツ「クプアスのショートケーキ」

その他、クプアスデザートには、クプアスのシャーベットとカシスのシャーベット、バニラアイスの「デリスカップ」や「クプアスボウル」もあります。まだまだ、クプアスのスイーツは珍しいですが、アサイ―よりもスイーツに親和性のあるスーパーフードなので、みなさん、今のうちに好みのクプアススイーツを見つけに出かけてみてくださ~い!!

画像: エンポリオのエントランス!!

エンポリオのエントランス!!


This article is a sponsored article by
''.