画像: 仙台「イル・ピッツァイオーロ」で旨いナポリピッツァを満喫!!

仙台「イル・ピッツァイオーロ」で旨いナポリピッツァを満喫!!

本日のピックアップフォトは、2015年10月に北仙台にOPENしたサムライピッツァイォーロ千葉壮彦氏の店「イル・ピッツァイオーロ」で千葉さんが焼いてくれた、僕好みのメタメタ(ハーフ&ハーフ)のピッツァです。
半分は旬の菜の花とサルシッチャ、残り半分にはカラブリアの激辛調味料とキノコと、カラフルなミニトマト、グアンチャーレがトッピングされた実に旨いピッツァでした。
詳細はこの後の本文でお楽しみください(^_-)-☆
←読む前に左のランキングのClickクリックをお願いします
にほんブログ村
最近は仙台の仕事があると仙台駅から地下鉄に乗って北仙台駅に行きます。
神戸のデル・レ時代からその技術と感性が好きで訪問していた、サムライピッツァイォーロ千葉壮彦さんが、仙台のパドリーノ・デル・ショーザンを経て、独立した自分の店「イル・ピッツァイオーロ」に行くためです。
店名の「イル・ピッツァイオーロ」は「ピッツァ職人」という意味です。
ピッツァイオーロという職業にプライドを持ち、日本の人にも「ピッツァイオーロ」という言葉を覚えて欲しいとの願いから店名を付けたそうです。
今回も薪窯の前のカウンター席で食事を楽しみました。
初めにたっぷりのサラダを頼むのはいつもの通り(笑)。
ここは地元で採れたフレッシュな野菜がたっぷりと使えるのでとても贅沢なサラダです。
ピッツァはメタメタ(ハーフ&ハーフ)でお願いしました。
半分は旬の菜の花とサルシッチャ、残り半分にはカラブリアの激辛調味料とキノコと、カラフルなミニトマト、グアンチャーレがトッピングされた実に旨いピッツァでした。
しっかりと形を整えてから薪窯に投入します。
窯の中のピザ生地の膨らみ方や焼き具合をチェックする目は真剣そのもの。
焼きあがったのがこのピッツァです、見ただけで旨いのが分かります。
毎回感じることは、千葉さんのピッツァは、不思議なくらい口どけが良いということです。
ピッツァを食べ終えたら、薪窯で焼き上げた鶏肉をいただきまーーーす。
皮目がバリッとしていて、肉はとてもジューシーな最高に旨いローストチキンでしたよ(^_-)-☆
最後にナポリNo.1コーヒーのKIMBOのエスプレッソをいただいてディナー終了です。
ごちそうさまでした!!!
千葉さんのプロの職人技とスタッフの明るい笑顔で今回も素晴らしいディナータイムになりました。
参考までに2016年3月現在のピッツァメニューを添付しておきます。
★下記の3つのランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをクリックして頂けるとランキングに反映されるので応援よろしくお願いします
イル・ピッツァイオーロ (Il Pizzaiolo)
TEL022-725-3141
住所:宮城県仙台市青葉区堤町1-9-21 第13ジュリヤン 1F
交通手段:北仙台駅から270m
営業時間
[ランチ]11:30~15:00(L.O 14:00)
[ディナー]18:00~22:00(L.O 21:00)
ランチ営業、日曜営業
定休日:水曜日
[昼]:¥1,000~¥1,999
OPEN:2015年10月1日
たべあるキング初のグルメムック本が好評発売中です!
たべあるキングが選んだ東京トレンドグルメ2015これが今行くべき242軒!!
Jaffaはナポリピッツァのページに登場しています(^_-)-☆
←たべあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.