画像: マリアージュ講座@BENOIT

マリアージュ講座@BENOIT

こんにちは。年明けから3カ月にわたって開講してきたwineloverボルドークラスその集大成となるレストランでのマリアージュ講座が、青山『ブノワ』さんで開催されました。同店はパリで100年もの歴史を持つ老舗ビストロのエスプリを受け継いだアラン・デュカスのレストラン。店内に足を踏み入れると......開放的な非日常空間が広がります。オリジナルのメニューをご用意いただき......グラスやカトラリーも揃い......さっそくイベントのスタートです。 今回ご用意したのは5種の厳選ワインたち。もちろん、すべてがボルドーのものです。順にご紹介させていただきますね。NV Lateyron Cremant de Bordeaux Brut まずはこちらのクレマン・ド・ボルドーで乾杯。ラテイロンはボルドーで数少ないレコルタンとして知られており、シャンパーニュの法定熟成期間をも上回る長期熟成を経てリリースするというこだわりの造り手。セミヨン主体で花の蜜のような華やかなアロマがあり、柔らかなイースト香も存在します。 同店のスターターとしておなじみのふっくら香ばしいグジェールと合わせて楽しむと食欲が更に刺激されます。 Ch. Mont Perat Blanc 2012 お次はロバート・パーカーやジャンシス・ロビンソンといった世界の評論家から評価を受け世界的に有名になった、シャトー・モンペラによる白ワイン。爽快さとふくよかさを持ち併せた、安定のクオリティーを誇ります。 合わせていただいたのは、パリのブノワでも定番となっているスペシャリテ、『サーモンのマリネとジャガイモ グリビッシュソース』です。ワインのもつ爽やかな柑橘のニュアンスはサーモンマリネに、併せ持つボリューム感はジャガイモのホックりとした食感と味わいに調和します。Ch. L'isle Douce 2013 お次のは、天才醸造家として知られるステファン・ドゥルノンクール氏がコンサルタントを務めている有機農法のロゼワイン。淡い色調ながら、味わいには厚みがあり、心地よく楽しめる滋味深いワインです。 合わせていただいたのは、イノシシと鴨の『ジビエのテリーヌ』。野生のお肉×有機的アプローチのワインといった自然に根差したマリアージュです。旨みがのった肉 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.