画像: 「浅草 リスボンのロースカツレツランチ」

「浅草 リスボンのロースカツレツランチ」

こんな柔らかいカツがあるのだろうか・・・。
打合せ前に浅草六区あたりをうろうろしている時に、ふらっと入ったリスボンにて。
雨がひどすぎて正面から写真を撮るのが困難。
このフォントに美味しそうな空気を感じる。
そんなことで入ってみました、リスボンです。
大混雑の仲見世あたりから六区の方まで歩くと結構静かになるんです。
ランチタイムにかかっていたけどお店は静かでした。
とても清潔感ある店内です。
そう!このフォントですよ全く。ステキなのだ。
「名物はカツレツです」的なポップ。
わかりやすいのでそのままカツレツにしました。
ロース上カツライスです。
広い厨房が良く見える席につけました。
丁寧に作っているので少々時間がかかります。
フライパンで焼いているのが見えました。
そして、こちら。
焼き揚げてあるのでサックサクです。
それなのに、お肉は信じられないくらいに柔らかいのです!!そして、トンカツとは全く別物と言っていいほどにしつこさがなくサクッと軽いのです。
焼きの技がすごいー
絶妙なとこで止めてあるのです。
これ、お値段にも納得。技にお金払った。
ごはんがついて1,000円でしたが、気になっていたチャップスイ(250円)もオーダーしました。
チャップスイとは野菜スープのことだとか。
かなり味の強い干ししいたけが使ってあり、しいたけの香りが支配する中華っぽいスープでした。
チャップスイっていう言葉の意味をお伺いしても「中華のスープのこと」ってことでした。
丸暗記しましょw
後で旦那に「リスボン行ったよ」って言ったら、「同級生のうちだ~」って言われ。
浅草は島根レベルに狭い人間関係がありますね。。。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.