画像: ニュージーランドツアー vol.3

ニュージーランドツアー vol.3

こんにちは。ちょっと更新が遅れてしまいましたが......先日のニュージーランドの旅でおとずれたワイナリーを書き留めておきたいと思います。Saint Clair Family Estate ファーストリリースが1994年というまだ歴史が浅いワイナリーですが、テイスティングさせていただいたシャルドネ、ピノ・ノワール、リースリング、そしてもちろんソーヴィニヨン・ブラン共にクオリティが高く洗練された味わい。ラインナップも豊富で更なるポテンシャルが感じられる造り手さんです。Cloudy Bay そしてこちらはマールボロで最も有名なワイナリーのひとつCLOUDY BAY。世界的に人気なソーヴィニヨン・ブランのみならず、日本ではなかなか見かけないピノ・ノワール『Te Wahi』やレイトハーベストのリースリングなどもこちらでは購入できます。ブドウ畑の目の前にある大木につるされたハンモックが居心地抜群。腰かけると、ずっとここにいたい!と思ってしまうほど。 エチケットと同じ山の稜線を拝めるのもまた感動的です。No.1 Family Estate 新天地でシャンパーニュに負けないスパークリングワイン造りに挑戦するワインメーカー。伝統的なトラディショナル製法でつくられたハイクオリティな泡立ちに舌鼓をうちました。ワインの美味しさはもちろん、ゴージャスなボトルデザインや、「No.1」というインパクトの強いネーミングにもひかれます。ニュージーランド版の「勝利の美酒」になれるかも!Wairau River ワイラウ・リヴァーは1991年初リリースの家族経営のワイナリー。マールボロらしいクリアな果実味と美しいミネラル感を兼ね備えた凛としたワインをリリースしています。 目前に広がるぶどう畑も美しく撮影スポットとしてもオススメ。イキイキとしたソーヴィニヨン・ブランが実っているのを間近で見ることができました。Allan Scott Family winemakers こちらはレストランも併設されているアラン・スコット。ニュージーランドのワイン産業の発展に貢献した立役者でもあるアラン・スコット氏がオーナーのワイナリーで、世界的な評価も高い造 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.