画像: 激辛麻婆豆腐と刀削麺!路地裏本格中華 陳家私菜(チンカシサイ) 渋谷店

激辛麻婆豆腐と刀削麺!路地裏本格中華 陳家私菜(チンカシサイ) 渋谷店

どうも!
東京カレンダーWEBで激辛の連載をしている姫です。
先日、取材した『路地裏本格中華 陳家私菜 渋谷店』の石焼麻婆豆腐や麻辣刀削麺にはまり、
その味が忘れられず、他のも食べてみたくなり、後日再訪させていただきました。
トゥ
外観
渋谷公園通り沿いの地下にあります。
テラス席もあり、晴れた日はビアガーデンみたいで気持ちよさそうです。
紹興酒飲みくらべセット
花彫王10年、江南紅10年、満堂香12年の3種類を
なんと
なんと1200円で販売してました。
香りが強いもの、甘味があるもの、コクがあるもの
それぞれに良さがあり、お料理と合わせる楽しみが増しました。
鶏肉とカシューナッツ炒め
食べやすいサイズにカットされた鶏と野菜とカシューナッツの
炒めものでした。
モッチリ新鮮ハチノスと野菜ピクルスのピリ辛炒め
ハチノス特有の臭みが鮮度と下処理と香辛料使いの上手さによって
旨味として認識でき、
柔らかさも印象的でした。
陳家名物・頂天石焼麻婆豆腐
石焼麻婆豆腐は商標登録をされているほど
オーナーにとって大切な一品です。
『湧の台所』という赤坂の1号店が発祥の名物料理なのです。
普通・辛い・激辛からお好みの辛さを選べます。
ここ『陳家私菜 』グループは、激辛グルメ祭りで2年連続売り上げ一位を誇るので、
姫はもちろん激辛を選びました。
四川の麻辣がよく効いていて好みの味でした。
オーナー自ら買い付けに四川まで行っているので、
辛さだけでなく香りや甘味もあるものを使い分けているそうです。
しかも豆腐は1丁丸ごと鶏ガラスープで煮込んでいるから豆腐を食べる麻婆豆腐の醍醐味を感じます。
頂天麻婆刀削麺
こちらも商標登録済の看板メニューです。
オープンキッチンから生地の塊を削るところを見せていただきました。
手際よく麺を均等に切り、もちもちの歯ごたえがありました。
これが、白湯ベースで辛味をつけたスープに合うんです。
胡麻やお酢も複雑な味わいとして適度に入ってました。
自家製唐辛子梅酒
四川唐辛子を梅と一緒に長時間漬けこんだお酒です。
激辛好きの姫向きのテイストでした♪
杏仁豆腐
辛いものばかり食べた後は、こんな別腹スイーツを欲するもの。
フルフルしててほんのり甘く良い余韻でした。
今後汁無しの鍋にも力を入れるそうです。
楽しみですね~。
こんなにたくさん食べてもどれもリーズナブルだったので、
気軽に再訪したいです♪
渋谷にて 元祖を感じる 四川料理 ~姫心の俳句より~
お店の詳細は、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.