画像: カレーですよ2243(東金 チェンナイ)千葉房総のチェンナイ。

カレーですよ2243(東金 チェンナイ)千葉房総のチェンナイ。

あるところにはあるなあ。いや、あるところ、なんてこと考えもしなかった。ないでしょ普通。変わったんだよね、いいよね。
カレーですよ。
例によってあてもなくフラフラとクルマで走っておりまして。去年の6月に西荻窪から15年ぶりに下町に戻りました。なので千葉方面に出ることも多くなっております。15年というと、このブログが11年なので、そうかあ、まだ下町に住んでいた頃はカレーのブログなんて書いていなかったんだよなあ。いや、そうじゃなくてブログというもの自体が存在していなかった頃です。
なのですっかり千葉方面は不案内になってしまっていました。なのでクルマで千葉方面に出るのは新鮮な気分です。
夜の時間も半ば、そろそろ21時で食事を考えないとまた夕食にあぶれてしまいます。東金のあたりにいて、さて、とキョロキョロとしてみれば。おや、インド料理店。
おやおや、この店名。
「チェンナイ」
ときましたか。
どうかな、どうかな、と近づいて外に貼られたメニューのポスターを見てみると。うんうん、ビンゴ。南インド料理の店でした。
うーん、千葉東金で南の料理か。素晴らしいなあ。
もちろん北インドの料理も取り揃えていらっしゃる様子。うんうん、そりゃそうだ。ナーンとバターチキンは押さえないとダメです。タンドールもしつらえないと。都市部ではない場所ならね。
さて、注文しましょう。
せっかくですかららしいやつ。
「オニオンドーサセット」
いきましょう。
時間的に空いている遅い時間だったからすぐに料理が出てきました。
おお、ドーサ、なかなかいい。
玉ねぎみじんがたくさん乗っていて、ばらばら落ちて食べにくいことこの上ないのだけど(笑)そういうのは関係なくもうおいしくてわしわしと食べてしまいます。半生くらいの炒め具合の玉ねぎみじんがいい感じに甘くて。
添えられたサンバルはブロッコリやジャガイモ、ニンジンなど大きめの具材で豆多め、ダールサンバルの風情。おいしいねえこれ。
チキンカレーは秀逸な味。クローブ強めのオリエンタルな雰囲気でおいしいです。
チャトニがね、上出来なんだよな。ココナッツ、トマト、ミント共にちょいと甘めに作ってあってなんとなくお菓子っぽいのも珍しかった。ドーサによく合いましたよ。
都市部では本当に多様化してきているアジアエスニック料理で最近では国名だけではなく地域の名前の料理を売りにするところも増えてきています。とはいえ郊外になると絶対的なマスの小ささがありなかなかそこまではできない。
そういう日本のインド料理事情の中、千葉県東金市でチェンナイの名を名乗りドーサやワダを出しているのは素晴らしいですね。ご店主がチェンナイ出身なのだそうです。
食べに来たお客さんが「あ、今まで食べてたやつはインドの北のほうの食事なんだ」ということを気づくきっかけになります。これはいいよね。大事、大事。
さてと、おなかが温かくなりました。まだもう少し、遠くへあしをのばそうかな。もう遅い時間だから何があるわけじゃないんですけどね。
クルマで遠くへ行くのは楽しいね。
あ、そういうえば。
千葉、房総。温暖な気候と海。穏やかな人々にうまい魚。
あれれ、日本のチェンナイ、、、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.