画像: 「表参道 I.K.U青山 話題のグランピングを東京の真ん中で」

「表参道 I.K.U青山 話題のグランピングを東京の真ん中で」

都内ではここだけ!というグランピングへ行ってきました。
グランピングとは・・・、
グラマラスなキャンピングという意味で、ラグジュアリー・エレガントが自然と一体となった、新しいアウトドアの形。
体験できるのはなんと青山の一角。
I.K.U青山の4階です。
3階のレストランは格式を感じるフレンチ・イタリアン。
胃にもたれず、体に優しいお料理を提案するレストランです。
今日は4階のグランピングを紹介したいと思いますので、3階のコース内容はコチラで見てみてくださいね。
クリストフルのカトラリーが並び、すっきりとした美しい器とカラフルで新鮮な野菜をふんだんに使ったお料理の3階に対し、4階のグランピングはキャンプを意識したナチュラルな食器がお出迎え。
お店へ到着するとsnow peakのカップで白湯をいただきました。
とても寒い日だったのです。
テーブルは、グリルのようになったデザイン。
足元にはストーブが入っていて暖かい。
その上に料理を置くことで最後まで冷めずに供されるという効率の良さ。
ふかふかの白いソファでのディナー。
天井高のテントの中にいるみたいな設え。
シャンパンをいただくところ・・・
この日はジュースでした!
スパークリングウォーターは木目カップ。
ボウル一杯のパンには、
リエット。
ココットの野菜も最後までアツアツで。
バーニャカウダでいただきましたが、ソースはごまがしっかりでにんにくやアンチョビはとても控えめ。
柔かい味でした。
ブイヤベーススープ。
片手マグ!
ビスクに感じる超濃厚な旨みがすごかった・・・!
次々と出されるワインは料理との相性がぴっっったりだった(みたいです、伝聞w)
ジャンルを問わず幅広くワインを知り尽くしたトップソムリエの森上さんチョイスなので、
絶対に!絶対に!間違いないです。
牛肉の盛り合わせ。
右は仔牛。
奥は山菜の天ぷらです。
ウッドのカッティングボードみたいなカジュアルな器ででてきました!
最後の締めはなんと!カレー!キャンプだぁ~~~♪
遊び心が楽しい上、お肉やらかっ!
ス~っと抜ける風味は、山椒でしたね。
最後にはキャラメルアイスとプリン。
重たくなくスッと入って来る。美味しかったです。
そして最後にステキなお花とプレートと言うプレゼントをいただきました!
形はカジュアル、しかしカジュアルのなかにもきちんと研ぎあげた上質があり、お料理も本格的。
単なる思いつきだけでグランピングに手を出したら危ないですね、I.K.Uみたいにかっこよくできなければみんなを満足させられない。
あ~!また行きたい。グランピング。
ランチもやってるそうで、お昼もステキだろうなって思います!

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.