画像: エールフランス航空 ビジネスクラスのお料理をテイスティング

エールフランス航空 ビジネスクラスのお料理をテイスティング

そもそも飛行機が好き※エールフランス航空HPより画像拝借※飛行時間が長いほど ワクワクが高まる。離着陸の揺れもへっちゃら。機内アメニティやカトラリー、機内誌、旅行ガイド、「旅」に関する写真や映像も大好きでも、一番好きなのは、やっぱり食事。飛行機なら機内食が楽しみ先日エールフランス ビジネスクラス機内食ご担当の、フランソワ・アダムスキーシェフが来日され、メニューテイスティング会にお招き頂きましたシェフはパリで最も権威ある「ボキューズ・ドール」コンクール優勝者で、フランスの国家最優秀職人賞(M.O.F)受賞シェフでもいらっしゃいます笑顔でおもてなし頂け 感激テイスティング会はパレスホテル「GRAND KITCHEN/HP→★」で開催エールフランス航空ご関係者様からご挨拶を頂き、料理チームの皆様のご紹介では、パレスホテル斉藤正敏 総料理長のお姿もフランソワ・アダムスキーシェフと、パートナーのケータリング会社セルヴェール社エリック・オーギュスティーヌシェフ。お料理説明と質疑に応えてくださいました機内食を担当できる喜びと誇りが強く伝わって来ます。そしてシェフを中心にチームの絆の強さが印象的「機内食で一番気遣う事は?」この問いには1どんな材料を使うか2どんな順で火を入れるか3機内で温め一番おいしい状態にするとのこと。特に3が重要で、オーギュスティーヌシェフから教わる事も多いそうですテイスティングはメイン6品【サーモン 軽く燻製してさっと焼き 色とりどりの型抜き野菜を添えて】サーモンのふっくら身の甘み、ソースの酸味がおいしい 野菜の食感もいい【鱈 カリッとしたヘーゼルナッツのクランブル セロリと栗、お肉のソースを添 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.