画像: カレーですよ2232(幡ヶ谷 青い鳥)陰陽カレー、重ね煮カレー。

カレーですよ2232(幡ヶ谷 青い鳥)陰陽カレー、重ね煮カレー。

幡ヶ谷でちょいとやられました。
いいお店が出来ました。
困るよなあ、幡ヶ谷。通ってるお店が2店。まだ行ってなくて行きたい店もここじゃなくもうひとつあるというのに、、、またいい店を知ってしまった。
カレーですよ。
風の噂でも聞いていましたし、行きつけのお店「カリヒオ」の川村さんからも「僕はまだなんだけど、行った?」と聞かれたり。
そう、その新しく出来たお店は幡ヶ谷のお気に入り「カリヒオ」のひと辻手前の路地にあります。名前は、
「青い鳥」
重ね煮という手法を使ったインドやスリランカのスタイルのカレーを作っているそうです。興味あるもんなあ、それ。
そういう感じでいざとなればハシゴだっとばかりに幡ヶ谷に。
幡ヶ谷にはもう一軒、もうこちらは25年ほど通っている「スパイス」という名前のカレーハウスもあって、定期的にその店でなければダメな禁断症状も出るのでとても困っていました。悩みがまた増えていきます。
お店は有名な人気ラーメン店の2階。いつでもラーメン屋さんにひとが並んでいて驚くんですよね。
階段を上がると入り口。コンパクトで可愛らしいインテリアのお店です。木のカウンターが屋台っぽい感じもしてそれもよいなあ。入口脇の大きなスワッグ(クリスマスのリースを花束にしたようなもの、とでも言いましょうか。ドライフラワーです)が印象的です。
あら、こちらのお店も待ち客あり。なるほど、人気店。実は待つの苦手でどうしよっかな、とうろうろ考えていたらほどなく呼んでもらえてほっとしました。よかったよかった。
さて!カレー頼もう、、、と思ったんですが、なんか面白そうなカレーうどんがあるんだよねえ。重ね煮カレー味噌煮込みうどん、ごはんつき、3月までの限定。うーん、魅力的。でも、やっぱり初めはカレー、行こう。
「重ね煮カレー二種のランチ」
といたしました。辛めにしてもらってます。
じつはお店の方とちょっと面識があって、おじゃまをすると喜んでくれて、とても嬉しかったです。
小さなンカウンターのイスに腰をおろしてきょろきょろ。かわいらしいてんないでちょっと落ち着ける感じです。お店ってインテリアが云々とかいろいろあるけれどやっぱりお店の人の空気感が出て、それが一番快適さにつながると思うんですよね。快適なんです、青い鳥。
あ、カレー来た。
スパイシーチキンカレー、まずチキンドラムスティックをつついてみるといい塩梅にに柔らかく仕上がっています。うふふ、気持ちいい骨離れ。
しゃんとしたスパイス使いで目がさめる感ある効き具合。
キレがある辛さとチキンの組み合わせ、いいねえ。これとても好きです。おいしい。
豆のカレー 赤カブ入りは不思議な香りがするぽってりした豆カレーです。
具合よく豆がとろけてぽってり。それがボリュームを生み出しています。柔らかく優しい口当たりのカブととてもよく合うんだよね。
香りがあまり体験したことのない感じで気になってどんどん食べてしまったのです。なんだろう。気になるけどきょうはお見せ込んでるからまた聞きにこなくちゃ。うーん、クセになる感じだ。
つけあわせのさつまいものスパイス炒め、サツマイモの上品で行き過ぎない甘さと、皮の味、食感がとてもいい。うわーうまい。
さつまいも苦手なんですがこれはもりもり食べられる。
おいしい。おいしい。おかわりほしい。
白菜とわさび菜とトマトのサラダも添えられています。葉っぱらしく葉っぱを食べるサラダでドレッシングもシンプル。それがいいんです。カレーに混ぜるのも一興ですよ。ボクはそれやってみました。これまたおいしかった。
同じく付け合わせのキャベツのスパイス炒め。キャベツは紫キャベツだよね。これがとても不思議な味でした。野菜の味を引き出しているのだと思うんだけど、紫色のキャベツがこの味なのか、味付けなのかな。派手な味付けじゃなく野菜の味を引き出してる感じなんですが、とても滋味深いとても面白い味。とても好き。うーん、これはちょっと説明しづらい。
どれもおいしくて思いやスタイルがつまってて感心しきり。
重ね煮は陰陽の考え方がベースにあってそれに沿って食材を順番に重ねて行く調理手法をとっているそうなんです。詳しくわからないのでうかがってみたいな。
店主のちえさんとは新中野のやるきやカレーのイベントでお見かけしたりしてましたがなかなかゆっくりお話しをするチャンスがなかったんです。お店が出来るといつでも会いに行ってお話を聞けるのがうれしいです。
*** おしらせ ***
(あと10名くらいで満員、かな)
<西荻窪 旅の本屋のまど 「カレーの本」出版記念トークショー>
トーク&カレーイベント
「カレーを巡る冒険 ~世界から日本まで」
2016年2月10日(水) 19:30~(19:00開場)
ブログ記事 http://blogs.yahoo.co.jp/hapii3/64323112.html
*トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
*会場にて新刊『カレーの本』をはじめカレー関連の書籍を販売します!
お申込みはコチラから
旅の本屋のまど <info@nomad-books.co.jp>
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
【参加費】1500円
(巣鴨ネパール料理店「プルジャダイニング」特製カレー付き)
※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】旅の本屋のまど店内
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階
【申込み・問い合わせ】
お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
TEL&FAX:03-5310-2627 e-mail :info@nomad-books.co.jp
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催:旅の本屋のまど
協力:笠倉出版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.