画像: ちょっと悪魔的な魅惑フレンチ「ル・スプートニク」六本木

ちょっと悪魔的な魅惑フレンチ「ル・スプートニク」六本木

六本木ル・スプートニクhttp://le-sputnik.jp/高橋雄二郎シェフのスペシャリテビーツの薔薇とフォアグラこの一皿が食べたくランチのコースに追加した。後に知ったが全国からシェフ、パティシエさんも食べにくる話題の一皿だそう完成美を崩すって、どこか暴力的だ。でもゆっくり成すと、それは色っぽい行為に変化するそっと1枚指でつまんだビーツは絶妙な厚み。口に入れたらパリパリの食感が心地よかった中心部はまろやかなフォアグラとアガー。粘質でゆっくり口の中で溶けていく。否が応でも気分がうっとり...「これ、昼には色っぽすぎ?ディナーにするべきだった?」「平気よ 写真はお昼がキレイ!」...確かに。フードジャーナリストT美の言葉に納得。健全な女子ランチ!笑高橋シェフの料理は過去何度か頂いていた。が、こんな色っぽい料理作る人だったかなぁ...そんなこと考えつつ、後半から混ぜて食べる。不思議と薔薇の香りがしそう。ヒトの味覚は視覚に左右されるねもちろんコース料理全体を楽しんだスタートは真鯛キュウリをお米の泡で泡よりむちむち、ハンペンより柔らか。真鯛キュウリと食べたら、口の中でお鮨みたいに感じて驚いたうわっ!!︎ わしゃわしゃ!!︎揚げゴボウ。立体感、ハンパ無い!ワカ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.