画像: 2015★行ってよかった東京フレンチ

2015★行ってよかった東京フレンチ

「2015★よかったシリーズ」が思いのほか好評でした。お読みいただき感謝です。
:::サロン・ド・グーのスペシャリテ「トリュフタルト」:::
・2015★買ってよかったモノ7選(美容アイテム編)
・2015★買ってよかったモノ7選(生活アイテム・サービス編)
・2015★買ってよかったモノ7選(サプリ・医薬品編)
・2015★泊まってよかった宿7選(かけ流しの温泉宿編)
・2015★泊まってよかった宿7選(温泉以外のホテルと宿編)
さて、ここからも同様に、ブログがあまり書けなかったこの3年の間の行ってよかったレストラン一覧をUPしていきます。モノや宿にくらべ圧倒的に数が多いです。昨年1年で書いてしまうとそれ以前に良かった店を挙げる機会がなくなってしまうので。。。2016年版からは○選形式で書くことにします。まずは一番好きなジャンル「フレンチ」から参ります❤︎
:::アドニス・ティーテーブルの野菜パイ:::
◆ラインナップ予定(東京編)
・フレンチ ・イタリアン ・洋食ビストロ ・天ぷら、カツ ・中華 ・エスニック ・麺類 ・和食 ・お肉 ・カフェ、バー などなど
◆京都編については数もさほど多くないのでジャンルごとに5選くらいでまとめようと思っています。
◆閉店した店は除き、完全リニューアルした店は初訪問扱いとしています。なお、店側からのレセプション、招待などは数に含めず、すべてプライベートで伺った店ばかりで訪問回数、または訪問日順になっています。宣伝、ステマの類は一切ありません。
◆なおランチ、ディナーの区別はしていませんが、簡単すぎるランチは数に入れていません。ランチが良ければディナーも良いはず。夜でないと実力がわからない、なんて店には昼も夜も行きません。
:::モナリザ恵比寿店の窓際席:::
:::レストランメイのアミューズ:::
★初訪問後、再訪した店
アニス、アニュ、ラペ、カーブ・ド・コンマ、レストラン大宮、カラペティ・バトゥバ!
料理、雰囲気、サービスと三拍子揃っていることはもちろん、使いやすいお値段も魅力。アクセスがよく、予約も比較的取りやすく、気軽に友人を誘って伺えて誰にも喜んでもらえるお店だと思います。このなかでは、レストラン大宮のみ洋食の色が濃く、混み合う観光地、浅草のど真ん中なのでやや予約日時に注意が必要です。
:::ライラの前菜:::
:::シュマンの前菜:::
★初訪問のおススメ店(訪問日順)
レフェルベソンス(リニューアル後再訪)
ライラ、アドニスティーテーブル、根津あんくる、レストランメイ、コジト、サロン・ド・グー、ピルエット、ラ・リューン
手頃なビストロから高級店まで、新しい店が多いですね。いずれもすぐ再訪したいおすすめです。
:::ベージュ アラン・デュカス東京の前菜:::
:::ガストロノミー ジョエル・ロブションのパン:::
◆初訪問の一度はオススメの店
セララバアド、エスキス、ラス
行きたくてたまらなかった店ばかりで、どれも良いのですが好みが分かれそう。私自身の再訪の優先度は高くないものの、友人に誘われたらOKなお店です。
:::タテルヨシノ銀座のスープ:::
:::レカンのスープ:::
2017年春のリニューアルオープンが待ち遠しい!
★以前から好きで、3年以内にも再訪した店
ル・ブルギニオン、シュマン、ビストロQ、スモールワンダーランド、アラジン、レカン、恵比寿モナリザ
ラール・エ・ラ・マニエール、ベージュ、ガストロノミー ジョエル・ロブション、アピシウス
エディション・コウジ・シモムラ、ル・マンジュトゥー、キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ、シュバリエ
ラ・ターブル・ド・ジョエル・ロブション、ブノワ、ランベリー
手頃で長年通っている店と、グランメゾンが混在しています。もちろんどの店も外すことはないオススメです。
:::アラジンのフォアグラ:::
:::ドミニク・ブシェのスペシャリテ、牛テールの煮込み:::
移転リニューアルした店でもいただけます!
★以前から好きな今年再訪したい店(優先度順)
ロオジエ、フロリレージュ(リニューアル後未訪問)
マノワール・ダスティン、ラ・ブランシュ、ヌキテパ、クレッセント、ぎんきょう、ひらまつ本店、オテル・ド・ミクニ、シェ・イノ、
ルグドゥノム・ブション・リヨネ、オザワ、オレキス、モノリス、マッシュルーム、ラ・マティエール
業界の重鎮フレンチは何度も訪ねており、安定感のある店ばかりなので、しばらく伺わなくても良さは変わらないはず、と安心してしばらくぶりに。それ以外は、とてもよかったのになかなかタイミングが合わないまま何年も。。。そんな感じの懐かしい店が多いです。
ひらまつ、ミクニについては系列店も含めファンです。他店舗展開していてもうまくいっていて、どの店も好きです。
3年くらい訪ねていないだけの店もあれば、10年以上ご無沙汰している店、一度きりの店も。今年にはまた行きたい、そんな店はまだあります。こちらは特に行きたい思いが強い店を挙げました。
:::ル・ブルギニオンの野鳩::
★今年初訪問したい店
リューズ、ソージュ、ジャン・ジョルジュ、シックプッテートル、チュナクルーム、スガラボ、リベルテ・ア・ターブル・ド・タケダほか
すでに予約済みもあり。ご近所の穴場、ソージュや大好きな須賀シェフのスガラボに注目しています。人に勧められた店が多く、随時追加していきます。
::アニスの〆サラダ:::
★地方(京都以外)で印象に残っている店
雲仙観光ホテルのメインダイニング、北鎌倉のプランデルブ、葉山ホテル音羽ノ森の潮幸
わざわざ料理のためにとは思いませんが、雰囲気も素敵なので旅先、観光先でならぜひ利用したい店でした。
:::雲仙観光ホテルの前菜:::
◆私好みではないけれど・・・
ラ・ピヨッシュは、少なくとも4名以上で訪ねたい店。料理もワインも雰囲気もいいんです。ただ二人だと量が多すぎて、調整もしてもらえません。私には何人かでビストロでワイワイ、という機会はあまりないので残念ながら、伺う機会はなさそうです。
また、レストラン七條のような重くて量の多い、洋食に近いドカンとくるフレンチも苦手です。いずれも好みや用途が合えば良い店だと思います。
:::シュバリエのデザート:::
::アニュ ルトゥルヴェ・ヴーのデザート:::
◆二度といかない店
新橋の高級店L.Fは、料理は良いものの今までこれほど嫌な思いをさせられたことがないほど酷い店でした。息子がご馳走してくれた誕生日ディナーが台無し。料理は大事、でも高級店の場合もっと大事なのは、非日常の演出とあたたかで居心地の良いサービスだと思います。もてなしの気持ちをもたず、サービス人は不要とのたまう高級フレンチなんて意味なしです。
こんな素晴らしいデザートも出せる店なのに残念。。。
◎最後に
最新テクニックやアイデア自慢ばかりの凝りすぎる店、逆に旧態依然とした店、スタイリッシュなだけのなんちゃってフレンチ、変に和を意識しすぎた店は私好みではありません。またいくら良くても、あまりに予約がとりづらかったりアクセスが悪かったりすると、そこまでして・・・と行く気が失せてしまいます。高額すぎる店も同様です。だって・・・本当にたくさんの素晴らしいフレンチが東京にはあるのだから!
:::エスキスの小菓子のおみやげ:::
そしてどのレストランでも大事なことだと思っていますが、フレンチはなかでも一番、サービスや居心地を重視しています。手頃な店、高級店、それぞれ店にあったもてなしかたがあるはず。オーナーの人柄や考え方が良く表れる部分だと思います。美味と共に、こころがホワッとあたたかくなるような、クスッと可笑しくなるような、ステキなサービスに出会えれば幸せです!

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.