画像: フランス観光開発機構主催「ミディピレネーはおいしい」ディナーイベントへ

フランス観光開発機構主催「ミディピレネーはおいしい」ディナーイベントへ

フランス観光開発機構主催「ミディピレネーはおいしい」ディナーイベントにお招き頂きました(感謝)左から)エールフランス航空 コマーシャルディレクター/ジャン・ウッド ドゥ ラ ブルテッシュさん在日フランス大使館 参事官/ジョアン・ヴァラドゥーさん、わたし、フランス観光開発機構 在日代表フレデリック・マゼンタさん会場は、代官山「ル・コントワール・オクタシオン」http://www.pachon.co.jp/jpn/bistro_broche/index.html代官山駅歩3分、ヒルサイドテラスAエリアミディ・ピレネーにご縁ある方々が集い、旅の思い出や料理の再現、ワイン、楽しい街で出会ったパン・野菜・お菓子etc・・・ミディ・ピレネーのおいしく楽しい魅力を皆で分かち合う会ちょっとおさらいですが、ミディピレネー地方とはどの辺り?フランス全体図から見ると、赤い部分で、詳細です。大西洋と地中海に挟まれたフランス南西部、首都はトゥルーズです【食べ物の話】ミディ・ピレネーの特産品は評判高い高級食材揃い。例えば、フォアグラ、ケルシー産トリュフ、ロックフォールチーズ、サフラン、ガスコーニュ産の黒豚など。そしてミディ・ピレネーには星つきシェフが24人もいらっしゃいます。3つ星シェフは、ライヨール Laguiole(ナイフで有名)のミシェル・ブラス氏。一昨年ミッシェルブラスへ。野菜とアリゴを頂く為だけ(笑)にパリから日帰りで・・・↓【お酒の話】ミディ・ピレネーはブドウの産地でもあり、高品質のワインが作られています。特に有名なものは、AOC認証のカオール、ガイヤック、マディラン、マルシヤック、地方で醸造されるブランデー、アルマニャックも有名ですディナーイベントでは、ミディピレネーの素材を活かし・・本日のメニュー。アンドレ・パッションシェフが腕をふるってくださいましたまた、料理研究家・フォトエッセイストの口尾麻美さんのトークとお写真で、会は一層盛り上がり、、まずは乾杯。スミレとブランケット・ド・リムーのカクテルですお料理スターターは、ロックフォールのマカロンとパンデピス。甘・塩・薫りのバランスがいい前菜プレートは、ビゴール産生ハム、洋梨とロックフォールのタルト、ほうれん草のファルス、ムール貝とロックフォールのグラティネ。洋梨とロックフォールをタルトにする発想が素敵でしたほうれん草のファルスは、中のお肉がふわっとジューシー頂いた白ワインは、「ファミーユ・フェザ・ア・シルレジャヴァ ル・ブラン・ボナール IGP コート・ド・ガスコーニュ 2013」 「ドメーヌ・デスコース ガイヤック・ブラン・セック 2013」さて。前菜終えた辺りで、パッションシェフが中央にいらして...アリゴ(じゃが芋とチーズの料理)を目の前で作ってくださるそう!「伸びるコツはチーズ。入りますね~」私もチャレンジ!混ぜますー。8の字に混ぜるのですが、なかなか重いですのび~~る !!「これぐらいでOK ! 」 アリゴ完成!で、コチラは ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.