画像: 最高級のシャトーブリアンが名物 九州和牛焼肉『SATOブリアン』@阿佐ヶ谷

最高級のシャトーブリアンが名物 九州和牛焼肉『SATOブリアン』@阿佐ヶ谷

どうも!
晴れ時々肉食女子の姫です。
先日お肉に詳しいDJ TAROさんのお誘いで、
予約至難の名店に行ってきました♪
トゥ
外観
お店の場所は、阿佐ヶ谷にあります。
店名の『SATOブリアン』とは、店主の佐藤さんと看板商品のシャトーブリアンを合わせてます。
シャトーブリアンは、一頭約500キロの牛の体重に対して800グラムしか取れない希少部位。
部位の中で、比較的脂肪が少なくて肉質に優れた超最高級のお肉です。
そんなこちらは、九州和牛シャトーブリアンが味わえる焼肉屋さんなのです。
単品メニューもあるのですが、行きつけのDJ TAROがお勧めするお任せコースにしていただきました。
赤ワイングラスと乾杯写真
お肉を食べる意気込みから、赤ワインを選びました。
次のお料理と赤ワイン、これだけでもマリアージュが成立してます。
個室で楽しい会の始まり始まり~♪
ビーフシチュー
お通し感覚で最初に出されたのが黒毛和牛のビーフシチュー!
こういう類はコースですと、最後に出てくるものですが、
こちらはいきなり驚きがありました。
マッコリ
ビーフシチューのおかげで赤ワインを飲み終えてしまったので、
マッコリに切り替えました。
お米は、後半まで我慢し、マッコリとお肉の組み合わせを楽しみます。
キムチ盛り合わせ
白菜キムチとカクテギの登場。
どこいってもキムチは必ず食べたいものなので、自動的にコースに入っていて嬉しいです。
漬かり具合が好みの状態でした。
サラダ
葉野菜の上に白ゴマと海苔がのったサラダでした。
一人分の量がたっぷりあるけれど、味がさっぱりしているから、スムーズに完食しました。
きゅうり
塩だれのたたきキュウリです。一見地味ですが、家で作れたら最高の晩酌になりそうないい塩梅でした。
スライストマト
丁寧で繊細なカットです。
甘味があってよく冷えたトマトでした。
お肉達
この日にいただいたのは、
厚切り牛タン、特上ハラミ、ランプ、イチボ、内モモ、リブ心、シンシン塊といった豪華な内容で、
部位に合わせてスパイス、タレ、ワサビ、ニンニク、マスタードなどをつけていただきました。
全体的に柔らかいから、口の中で味がつたわりやすく、舌が唸ってばかりいました。
ヒレすき
ヒレを卵黄にからめてご飯を巻いていただきました。
姫がハレの日に食べるすき焼き用のお肉は、薄めだけれど、
こちらのは、分厚いんです。
それをコーティングする濃厚な卵黄との組み合わせが素晴らしかったです。
ブリ飯 北海道のばふん雲丹
ブリって鰤ではなくシャトーブリアンですの。
バフンウニと一緒にセレブな丼ぶりのようにいただきました。
貴重なもの同士寄り添って、姫を幸せな気持ちにさせてくれました。
シャトーブリアンのカツサンド
火を通しすぎず、牛カツとしての食べやすさが配慮されてました。
細長いヒレの中でも最高級の部位上質なふんわりした食感のお肉に合わせて、
パンは、口コミグルメサイトで評判が良い大阪の『ル・シュクレ・クール』から取り寄せたものでした。
さんざん食べてお腹は満たされているのに、
お土産で売っていたら、買って帰りたいほど、印象的でした。
冷麺
先程ので〆かと思いきや、麺類がきましたよ(笑)
のど越しの良い細麺で脂っこくないスープだから、最後の一滴まで飲み干せました。
イチゴのアイスクリーム
デザートまであるんですね♪
焼肉屋さん行くと、身体が熱くなるから、こういったアイスクリーム嬉しいです。
お腹いっぱいという満足感だけでなく、上質なお肉と真剣に向き合って食べられて心まで満たされました。
頑張って働いて、また来ようっと♪
阿佐ヶ谷で 再訪したい 焼肉店 ~姫心の俳句より~
お店のフェイスブックページは、こちら

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.