画像: カレーですよ2230(大久保 ナングロ)タウン&カントリー。

カレーですよ2230(大久保 ナングロ)タウン&カントリー。

こりゃあなかなかすごい店なんじゃないだろうか。かなり心動きました。
両方ある、はすごいです。
カレーですよ。
界隈の噂で聞いていたお店に行く機会が出来ました。
いまや新大久保界隈はリトルカトマンズと呼ぶ人が出てくるくらいネパールの人が行き交い、ネパール料理の食堂、レストランが軒を連ねる状況になってきています。
昔から大久保界隈は外国人の多い町でした。タイ人が多かった時期、韓国旋風、そしてインド周辺国の人が台頭してきたと思っていたらそれはネパール方面中心にシフトしてきています。
そんな中、特に気になる店がいくつか、日本人ネパールコネクションの人たちから聞こえてきました。その中のひとつがここ、
「ナングロ」
ナングロ、とナングロ ガル、どちらが正式名なんだろう。ガル、は台所の意味だよね。
1階にある「千里香」も中国辺境料理の店でおもしろいんですよ。羊の串焼きが有名です。そのお店の2階にあります。
急な階段をのぼって扉を開けるとちょっと驚きますよ。素敵なインテリアです。
席についてランチのメニューを見せてもらうとさっそくちょいと面白そうなメニューを見つけました。これはあれだ、ローカルメシだ。そうでしょ?軽食、の意味のカジャの名前がつくこれ、
「ネワリカジャ」
をくださいな。
ごはんを待ちながらきょろきょろ。お店のインテリアがね、とても洒落ているんですよ。
木を多用した温かみあるんだけれど、でもスタイリッシュな意匠の内装。
インド料理で民族方面じゃなくてオシャレ方面に振ったインテリアの店はぽつぽつ見るようになりましたが、ネパール料理店ではまだまだ少ないです。カッコいい。快適。こりゃあいろいろとすごい店だなあ。なんかいろいろ期待しちゃうね。
さて!やってきた料理にいきなり驚かされました。
葉っぱのお皿には驚いたねえ!たしかラジャスタンでも同じような乾燥させて型押しした葉の皿を使ってたはず。ジャイプールに行った時にオープンエアの大理石の床が食事どころになっているレストランで体験したことがあります。
アルータルカリ(ジャガイモの炒め煮のおかず)は優しい味と食感良い仕上がりでおいしいです。
ぱりぱりとする食感楽しい黒豆や、ラムのチョエラの噛みごた。旨味深い干し肉の料理です。サグサデコ、うまい!こういうなにげない料理が日本人の僕の舌に「あれっ!これってかあちゃんが作ってくれるあれに似てる」なんて感覚にさせてくれて、楽しいし好きなんですよね。
チウラ(ネパールの乾飯 干し飯)にチョエラの油がしみてしんなりしたところがおいしいなあ。うめえなあ。
梅干しの色と味そっくりのペーストが付いてくるんですが、これおもしろかった。これがめっぽういいんですよ。口の中がさっぱりする。料理に混ぜてもいいし、そのままなめても消化の助けになるんですって。お店の親切な店員さんが教えてくれました。
いや、これ、まるっきり知らない国のしらない料理でとても楽しい。知らない国の知らない料理って楽しいよね。もちろんこういうのが苦手な人もいると思いますけれど、頭や舌を刺激される事間違いなしですよ。それは間違えなくあります。
この記事の初めの方で「両方ある、はすごいこと」と言いました。
というのもね、料理と店と、という話なんですが。料理はネワール族の現地さながらの見たことのない料理が出てきて、それを温かみを感じる、でもとてもスタイリッシュな快適な空間で食べられる。この両方の組み合わせというのは素晴らしいし珍しいです。
新しいスタイルだね、と思いました。
新しいスタイルは新しいお客さんを生みます。いままでアジアエスニック料理に躊躇があった層が来てくれる可能性も感じます。そうなるといいなあ。
台風の目になり得る面白さがありますよ。いやこれはまいったね。
次は夜おじゃまをして、ゆっくりお店の方にお話を聞いてみたいです。
いい店だなあ。
*** おしらせ ***
<西荻窪 旅の本屋のまど 「カレーの本」出版記念トークショー>
トーク&カレーイベント
「カレーを巡る冒険 ~世界から日本まで」
2016年2月10日(水) 19:30~(19:00開場)
ブログ記事 http://blogs.yahoo.co.jp/hapii3/64323112.html
*トーク終了後、ご希望の方には著作へのサインも行います。
*会場にて新刊『カレーの本』をはじめカレー関連の書籍を販売します!
お申込みはコチラから
旅の本屋のまど <info@nomad-books.co.jp>
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
【参加費】1500円
(巣鴨ネパール料理店「プルジャダイニング」特製カレー付き)
※当日、会場入口にてお支払い下さい
【会場】旅の本屋のまど店内
東京都杉並区西荻北3-12-10 司ビル1階
【申込み・問い合わせ】
お電話、ファックス、e-mail、店頭にてお申し込みください。
TEL&FAX:03-5310-2627 e-mail :info@nomad-books.co.jp
(お名前、ご連絡先電話番号、参加人数を明記してください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
主催:旅の本屋のまど
協力:笠倉出版
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
活動内容等の各種Linkはこちら
http://about.me/hapi3
ご連絡、お仕事のご用命等は
iizka3@gmail.com (@を小文字にて)
Youtubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/iizka3
いつもんログ
http://hapi3s.blogspot.jp/
http://www.tabearuking.com
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

rdsig.yahoo.co.jp

This article is a sponsored article by
''.