「食材探求プロジェクト」スタート!

第1弾は、日本古来の縁起物である「フグ」にフォーカス。
養殖モノが主流となる中、フグの生産や流通は、昔よりも進化してます。
今回は、日本最大の養殖場のある長崎県北(平戸市など)を視察することで、フグの多大な魅力に気づき、食材としての新たな可能性も模索。
視察にあたっては、フグのチェーン最大手「とらふぐ亭」を経営する東京一番フーズ様にご協力いただき、フグをはじめ、海産物の宝庫である「長崎県北・平戸」という土地を様々な角度から知り、美味しいフグの「理由」も発見しました!

【参加メンバー】
フォーリンデブはっしー /はんつ遠藤 / たまさぶろ / 里井真由美 / はあちゅう / もえのあずき

※「食材探求プロジェクト(通称STP)」とは・・・
食材の魅力が広がれば、料理のジャンルを飛び越えて使われるようになる。(肉であれば、焼肉やステーキはもちろん、イタリアンやフレンチなどなど)
「食を通じて日本を元気に!」が合言葉の「たべあるキング」として、食材を探究することで、その食材の隠された魅力や可能性を発掘し、今後の活動にも活用しながら日本の食を盛り上げていくことが目的です。

This article is a sponsored article by
''.